乳がんになっちゃった?由里乃の乳がん日記 yuriohme.exblog.jp

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。


by 由里乃
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2018.11月
子宮筋腫手術入院のあれこれをざっくり残しておこう。

11/20入院
手続きを済ませて病棟に案内してもらう。
まず、採血。
アルコールが今まで気づかなかったのだが、何故か赤くなる。アルコール禁になってしまった。
a0325929_21343791.gif

夜19時頃、執刀医と外来でいつもお世話になった医師に内診してもらう。腹部エコーも。術前の確認ということだ。
特に問題なし。
明日は14時の予定で手術を行うとのこと。
24時以降は水、お茶以外は飲食禁止。
看護師が下の毛を少し剃る。
a0325929_12022116.jpg
11/21手術日
10時以降は飲むのも禁止。
10時ギリギリに水を200から300飲んで下さいねと何度か念を押される。
前日から下剤、座薬を使用。
お腹を空にする。
便が出ないと最後は浣腸するらしいが、浣腸せずとも座薬で出たので良かった。
腹帯は名前を書いて看護師に渡す。
着圧ソックスを履き、下着はパンツのみ。
手術着(ガウン)を着て待機する。

14:20に呼び出しがかかり手術室へ向かう。
手術室までは歩いて行く。
手術室の前でしばらく待たされる。
執刀医が暇を持て余しふらっと来た。
若い女医さん。緊張感は全く無し 笑
まあ、それくらい堂々としているので安心して任せられる。

10分くらい待ってようやく部屋へ案内される。
まずは椅子に座り名前やどこを手術するのか聞かれる。アルコール禁も再確認。
手術台に寝るように案内される。
服を脱がされ、手の甲に点滴ルート。
初めに硬膜外麻酔を行うので横向きに寝る。
   ---  この麻酔にかなりびびっていた ---
膝を曲げ、頭を少しヘソを見る感じで曲げる。
チクッ
何かが中へ入る感じ。
痺れていませんか?
---痺れています(-。-;
右ですか左ですか?
---真ん中の刺した辺りです(-。-;
なにやら、刺し直す。
どうですか?
---大丈夫です!

怖かったがチクッだけで済んだ。

では真っ直ぐになりますね。
体制を仰向けに戻す。
マスクつけますよ〜〜
少しふわふわしますか〜〜  〜〜  〜〜
目の前がくるくる回り
その後は何も記憶がない。

次の記憶は、ベッドで運ばれているところ。
目が回りとにかく気持ち悪くて仕方ない。
気持ち悪いのにベッドでぐるぐる回る感じだ。
どうやら病室に着いたらしい。
気持ち悪い、気持ち悪いとずっと言っていて、身体は動かない感じで顔だけ横を向いて寝ていた。
パートナーが来て何か会話したような気もするが、最後のじゃあ帰るね!しか覚えていない。

痛みは全くなかった。
気持ち悪さもしばらくしたらおさまった。
14:30頃手術室で戻ったのは18:30だった。

それから何度か起きたがほとんど寝ていた。
乳がんの時は腰が痛くて痛くて何度も目が覚めて長い夜だったが、
今回は、硬膜外麻酔の痛み止めが良く効いているのか、あまり起きることもなくひたすら寝ていた。

続く

[PR]
# by shokix | 2018-12-03 21:57 | 子宮筋腫 | Comments(0)
a0325929_18201418.jpg
ハロウィンですが、、渋谷の馬鹿騒ぎはどうかと思うおばさんです。

さて、懸案事項となっていた卵巣どうする問題。答えを出しました。

子宮全摘、両側卵巣全摘。

ここから先のお話はあくまで
私個人のお話です。
参考にはしないで欲しいです。
身体は個々違います。特に今回年齢も大きく関わります。そしてリスクは承知の上の決意です。
へー、そんなことする人いるんだ!くらいでお読みいただけましたら幸いです。

いきなりこのブログ記事からお読みくださった方のために念のため書いておくと
子宮筋腫手術の話ですのでお間違いのないように、、がん再発予防のお話ではないです105.png

では本題
2018年10月29日
乳腺外科の主治医のもとへ訪ねた。
子宮筋腫(子宮全摘)手術の際、卵巣を切除するかしないかの相談だ。

まずはじめに主治医に確認したのは
卵巣を切除することによって、乳がん再発リスクを減らすことができるのか?
主治医の答えは、
新たにできる乳がんを減らすことはできない。

ただ卵巣を切除することによって、現在服用しているタモキシフェンをアロマターゼ阻害剤に確実に変更できる。
閉経の判断というのは実は難しく、生理が止まってもまだ閉経していない場合もある。
60代になれば閉経とみなして閉経後の薬にスイッチするが、
50代はなかなか判断が難しい。

タモキシフェンよりアロマターゼ阻害剤のほうが薬の効果としては再発リスクを減らせるのでそういう意味では
メリットがある。
また心配なのが副作用(更年期障害など)であるが、40代でこれをやるよりは50代だとすでに身体が閉経に向かっている。
卵巣を切除すると、通常の閉経だとだんだん閉経していくものがバツンとなくなるので身体の負担も大きいが、
50代の場合はすでに減りつつあるので40代と比較するとまだマシかもしれない。

もうひとつメリットを考えるとすると、
両側同時乳がんであること。
これは遺伝的要素も考えられること。
遺伝子検査は行っていないが、遺伝的要素が考えられると卵巣がんになる可能性も低くはない。
そういう意味では子宮、卵巣とも切除すれば子宮がん卵巣がんの心配はなくなる。

とまあ、こんな話をして下さった。
主治医の意見としては切除したほうがメリットはあるね。と。

私もこの話を聞いて、決意できた。
卵巣切除によるデメリット(全死亡率が高くなる)や更年期障害も承知の上でだ。

もし私が予防的にこれをやるとしたら、やらないと思う。
というかそれは推奨されていない。(遺伝子検査もしていない)

だけれども、ひょんなことから卵巣切除のチャンスが訪れた。
私はいつも生きているうえで信じていることがひとつだけある。
それは流れにのること。
だいたいが自分で決めたことはうまくいかない。
流れにのるとうまくいくのだ。
とにかく運がいいのだ。

今回も流れに乗ろう。
そう決めた。

にほんブログ村




[PR]
# by shokix | 2018-11-01 18:55 | 乳がん | Comments(0)

乳がん番外編 巨大筋腫



a0325929_18201628.jpg

世界新三大夜景に選ばれた長崎の夜景です。





なんの脈略もありません(`・∀・´)
ブログの構造上の処理です(`・∀・´)

さて、前回からの続き
MRI結果が出た。
恐れおののいた。
デカイ、、これはあまりにもデカすぎる146.png
婦人科クリニックへ行き、画像を確認。
どうします?と先生。
先生も私ももうこれは切ったほうが良さそうという結論。
おへそを超えた筋腫
MRI画像をのせておきますがあまりにもグロいので漫画編集してある。
赤丸が筋腫。。。。。143.png
ぎょえええ
お腹をほとんど埋めていた。

さっそく大きい病院を紹介してもらい、
受診。
そこの先生からもこれは切ったほうがいいですね。と。
子宮全摘
開腹手術
とうとう決意する日が来た。

医師にずっと胃の調子が悪いのですが、
おへそまで筋腫があるということはそれで圧迫されて調子悪いということもありますか?と尋ねるとまあ、そういうこともありますねと。

頻尿
便秘
胃の不快感

ひょっとして全部筋腫のせい!?



a0325929_12271988.gif






子宮全摘は決意した。
ここでふともしかしてこのついでに卵巣も取ったほうがいいのでは?
と思い当たる。

卵巣を取ったほうが、乳がん再発リスクは下がるのか??

乳腺科主治医とじっくり話してこよう。

続きはまた次回。

[PR]
# by shokix | 2018-10-14 14:42 | 乳がん | Comments(6)
2018年9月

西日本豪雨、台風21号、北海道地震、、
いったい日本はどうなっているのか、、
どこもかしこも被災地だらけで、なんとなーく逃れているのは関東??
実際に体験していない私からはなんと言葉を綴ればいいのか、、一日も早く日常を取り戻せることを祈ります。

あ、すみません、私はごく普通に生きてます
ε-(´∀`; )

で、私の話。
9月の初めに4年目の検診。
いつものことながら、何も問題なし。
まあ、検査の時のエコーの手が同じ所を行ったり来たり何度もするのは気になるけど。
4年目ともなると、ほんと気持ちが図々しくなるもので、ほとんど気にしなくなっている。
日々の体調不良は相変わらずだが、
何かあるのでは❗️という不安はあまり起きなくなった。自分で自分を狼少年みたいに疑いはじめている。また、大袈裟に騒いでるだけでしょ?みたいに(笑)

最近ふと気付いたのは、腋の下。
あれ?なんか四角く黒ずんでる、、、
放射線から3年半経つのに??
ずっと黒いのに気づかなかったのか、後から出てきたのか不明である😓(役に立たないすまない)

とまあ、乳がんの話はこんな感じで絞り出さないと書くことがないくらいになっている。
乳がんになっても元気!っていうブログがないのは書くことがないからだろうな、きっと。
私は相変わらずモソモソと書き続けているが、
バリバリ元気でスポーツも遊びも目一杯楽しんでまーす♡というブログにならないのは、私の資質なので仕方ない。テンションの上がらなさ、毎日どこかしら体調不良はタモキシフェン の副作用ということにしている。
何かにつけて悶々とするのが好きなのである。
(ややこしい性格)
だから乳がんで元気がないわけではない。
a0325929_18015063.gif
(写真は真夏に行った城ヶ島)

あ、そうそう。
6月の頭にギックリ腰になった❗️
ギックリ腰というくらいなので、ほんとにいきなり腰が立たない、歩けない、しかもさあこれから仕事って時に。
一週間安静にして、痛みが取れたのは一カ月後。
当然その間はまた不安がぶり返していた。
腰椎?骨転移?
整形外科でもレントゲンを撮ったが、骨転移は初期のものはレントゲンに写らないんですよね、とか言われ余計にビビる。2週間後にもう一度レントゲンを撮ってもらい。骨には異常なしと。痛みがある間はそれでも安心できずずっとびびっていたのだが、痛みがなくなるとともに不安も消えていった。


さて、今回メインテーマは実は子宮筋腫のほうだ。
乳がんになる前から子宮筋腫は経過観察。
1年に一度くらいしか特に病院には行っていなかったのだが、乳がん後は、とりあえず3ヶ月に一度の経過観察となっていた。
はじめは経膣超音波をやっていたがもうそれでは見えないということで腹部超音波。
ずっとこれまでは、生理痛がある程度で不正出血もないし、時々下腹部痛という感じだった。
診察も以前記事にも書いた通り「8cmほどのが2つ、4cmのが2つ、あとは小さいのがボコボコボコ。まあ、変わらないですね」というのを繰り返していた。
途中一度リュープリンをやったほうがいいのでは?という話もあったが、副作用を考えやめた。
だが、前回5月のブログにも書いたように、婦人科の先生いわく、少し筋腫が大きくなっているとのこと。
前回ホルモン値を測ったのだが、閉経の兆候は全くなく、普通にホルモン出ているとのこと。

で、8月の定期診察で言われたのが、
MRI撮ってみる?と言われた。
確かにここのところお腹の張りがひどく便秘も辛いため胃腸科で便秘薬もらっている。

実は自分の心のうちでは、
ギックリ腰→骨転移?
お腹の調子がずっと悪い→大腸がん?
などモヤモヤと余計なことを思っていたので、
骨盤内MRIを撮ればいろいろ発見できるのでは?などと安易な素人考えを思いつき、
MRIを撮ることにしたのだった。

長くなるので、続く。


[PR]
# by shokix | 2018-09-23 13:22 | 乳がん | Comments(0)
2018年5月

ずいぶんとご無沙汰してしまった。
実は特に変化もないので書くことがない。
いや、心の中ではあれこれ思うことはあるのだが、
文章にするまでもないかな、どうやって文章にするかな?と考えているうちに月日が過ぎた。

まずは現状を記しておく。
ノルバデックス副作用?の
更年期症状
 ●ホットフラッシュ・・・2月あたりから早くも頻繁に起きるようになる。冬はおさまっているのだが今年は早かった。
 ●ムカムカ・・・・・・・ホットフラッシュが起き始めるとムカムカも増える。
 ●動悸・・・・・・・・・横になるとたまに起きる。
 ●軽いめまい(新)・・・目の前がきゅうにぐるりと回るが一瞬でおさまる。最近起き始めた。
 ●耳鳴り?・・・・・・・横になると心臓音?血管音?が耳元でドクンドクン鳴る感じがたまに起きる。これも最近ではじめた。

機能性ディスペプシア
 これまた今月5月のはじめころから徐々にはじまった。
 しくしく胃が痛む。夜中に激痛から下痢になるのが今月2回あったので胃腸科へ行く。

便秘
 最近便秘気味だ。実は子宮筋腫のせいではないかと疑っている。

子宮筋腫
 5月の定期検査で今まで8cmだったのが10cmと言われる。
 婦人科ではじめてホルモン値を検査してみることになる(結果はまだ)
 ただ私の感覚では2cmの誤差って超音波やる人によって違うんじゃないかと疑っている((+_+))
 
こうして冷静に書いてみると、まあ慣れてきたとはいえタモキシフェン服用してから
起き始めた症状がそのままキープという感じだ。
気持ち的に違うのは、初めのころは症状がなにかでると、
「え?なに?これ?」
「なんか具合悪い大丈夫?」
という動揺があったが、最近はまあ、いつものこと。という感じになれたことだ。
具合の悪さはそう大して変わらない気がする。

よく慣れてくるよと聞くが、
具合がよくなるわけではなくて、動揺しなくなるという意味なのねとものすごくフラットに思う。

慣れてきても具合の悪さは変わらねーんだよっ
と悪態ついても仕方ない。。。とほほ。

まあ、普通に暮らしてるし、治療ったって3か月に1度の診察と毎日1錠の薬のみだし、仕事だってしてるし、
食べられないものもないだし、とくに癌になる前とそう変わらない生活のはず。

だけどね、、、
告知されて動揺して検査や手術や放射線やずうーっといろんな動揺があって、
タモキシフェン飲み始めて今度は違ういろんな症状で動揺して、、3年経って、、
なんか動揺はほぼしなくなったし、変な不安とかも(再発の不安)なくなったんだけど
こうして書いてみると

心が乾いている

そうなんか乾いて、、淡々と生きている。

あれ?まるでなんか楽しいことをしてはいけない気になっている。


ん?なんだこれ?

現在進行形にて・・・
a0325929_18363298.jpg
紫陽花の季節になりましたね^ ^
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


[PR]
# by shokix | 2018-05-29 18:37 | 乳がん | Comments(0)