乳がんになっちゃった?由里乃の乳がん日記 yuriohme.exblog.jp

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。


by 由里乃
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

乳がん番外編 卵巣どうする?

a0325929_18201418.jpg
ハロウィンですが、、渋谷の馬鹿騒ぎはどうかと思うおばさんです。

さて、懸案事項となっていた卵巣どうする問題。答えを出しました。

子宮全摘、両側卵巣全摘。

ここから先のお話はあくまで
私個人のお話です。
参考にはしないで欲しいです。
身体は個々違います。特に今回年齢も大きく関わります。そしてリスクは承知の上の決意です。
へー、そんなことする人いるんだ!くらいでお読みいただけましたら幸いです。

いきなりこのブログ記事からお読みくださった方のために念のため書いておくと
子宮筋腫手術の話ですのでお間違いのないように、、がん再発予防のお話ではないです105.png

では本題
2018年10月29日
乳腺外科の主治医のもとへ訪ねた。
子宮筋腫(子宮全摘)手術の際、卵巣を切除するかしないかの相談だ。

まずはじめに主治医に確認したのは
卵巣を切除することによって、乳がん再発リスクを減らすことができるのか?
主治医の答えは、
新たにできる乳がんを減らすことはできない。

ただ卵巣を切除することによって、現在服用しているタモキシフェンをアロマターゼ阻害剤に確実に変更できる。
閉経の判断というのは実は難しく、生理が止まってもまだ閉経していない場合もある。
60代になれば閉経とみなして閉経後の薬にスイッチするが、
50代はなかなか判断が難しい。

タモキシフェンよりアロマターゼ阻害剤のほうが薬の効果としては再発リスクを減らせるのでそういう意味では
メリットがある。
また心配なのが副作用(更年期障害など)であるが、40代でこれをやるよりは50代だとすでに身体が閉経に向かっている。
卵巣を切除すると、通常の閉経だとだんだん閉経していくものがバツンとなくなるので身体の負担も大きいが、
50代の場合はすでに減りつつあるので40代と比較するとまだマシかもしれない。

もうひとつメリットを考えるとすると、
両側同時乳がんであること。
これは遺伝的要素も考えられること。
遺伝子検査は行っていないが、遺伝的要素が考えられると卵巣がんになる可能性も低くはない。
そういう意味では子宮、卵巣とも切除すれば子宮がん卵巣がんの心配はなくなる。

とまあ、こんな話をして下さった。
主治医の意見としては切除したほうがメリットはあるね。と。

私もこの話を聞いて、決意できた。
卵巣切除によるデメリット(全死亡率が高くなる)や更年期障害も承知の上でだ。

もし私が予防的にこれをやるとしたら、やらないと思う。
というかそれは推奨されていない。(遺伝子検査もしていない)

だけれども、ひょんなことから卵巣切除のチャンスが訪れた。
私はいつも生きているうえで信じていることがひとつだけある。
それは流れにのること。
だいたいが自分で決めたことはうまくいかない。
流れにのるとうまくいくのだ。
とにかく運がいいのだ。

今回も流れに乗ろう。
そう決めた。

にほんブログ村




[PR]
by shokix | 2018-11-01 18:55 | 乳がん | Comments(0)