乳がんになっちゃった?由里乃の乳がん日記 yuriohme.exblog.jp

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。


by 由里乃
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

乳がん はじめの検査へ

さて、うつぶせが辛くなってから、しばらくすると、右胸の上部内側が何か硬い感じを感じるようになった。
おかしいなと思いはじめる私。
でも、乳がんじゃなくおっぱいの病気はいろいろある。乳腺炎、乳腺症、などなど。
乳がんのことは、気になってはいたけど、ネットや噂で、「乳がんは痛くない!!」と聞いていたので、痛みがけっこうあるから、しこりがあるにもかかわらず、私のは乳腺症だろうなーという甘い考えでいた。

だから、病院へ行かなくては!!と思いつつも、なんとなく日々が過ぎていった。
しかし、右胸の塊はそれと同時にだんだん大きくなっているように感じた。

さすがに、ヤバい!と感じはじめる。
どこの病院へ行こうか。
婦人科をはじめは探していた。
ネットでよく調べていると、おっぱいに異常があるときは、乳腺科という専門の科があることを知る。
知らなかった〜005.gif
さっそく電話してみる。
これが、10月の第1週くらい。
電話をして状況を説明する。
しこりを感じる場合は、診察→検査となる。
しこりや異常を感じることなく、ただ検査をしたい場合は、検診となる。
検診のときは、診察料がかからないというわけだ。
私の場合は、しこりがあったので受診の予約となる。

すぐ行けると思っていたら、検査の予約で一番早くて2週間後。それもたまたまキャンセルが出たので入れた。キャンセルなければ、一カ月後005.gif
自分で先延ばしにしていたにもかかわらず、そんなに先で平気なの?とやや不安を感じるが、まあ、全部説明はしているから大丈夫だろうとそのまま2週間後の予約を入れた。

10月23日検査日
乳腺科のある病院は結構限られている。
私が行ったところは、小さなクリニック。
朝いちにもかかわらず、結構混んでいた。

まずはマンモグラフィー。
マンモグラフィー初めてではないけれど、
やっぱり痛かった〜〜007.gif
早く終わってくれ!!と願い両方撮影。
次にそのままエコー検査。
そこでようやく先生が登場。
いつ頃しこりに気づいたか?
以前にマンモグラフィー受けたのはいつか?と質問されながら、エコーでしこりを見てみる。
画像を見せてくれて、サイズを測ると、
「3cmくらいあるねぇ」と先生。
特に説明なく、このまま細胞取りますね。
ということになる。

やっぱり細胞とる検査までやるのかぁ(^^;;
ところで、
細胞診(穿刺吸引細胞診)って??
→しこりに注射針をさし、細胞を吸引する。
この細胞を診断して、ガンかどうかを判断するもの。
簡単に言えばこんな検査。

結構奥のほうまでズブッと刺した感触。
エコーを見ながらやる。
2回刺して、終了。
看護師さんが出血を止めるため、5分くらい圧迫のあと、ガーゼでがっちり固定。

先生はガンかも知れないとかそんな話は全くせず、淡々としていたので、
細胞診をしても、まだまだまさか〜ガンのわけないじゃん^o^
くらいの感覚だった。

あとから考えれば、この時点でガンの疑いあり!だったのよね。
やっぱり能天気な私037.gif

診断結果は2週間後となる。


つづく。

a0325929_19461264.jpg
夏に訪れた諏訪湖006.gif


[PR]
by shokix | 2015-01-05 17:30 | 乳がん | Comments(0)