人気ブログランキング |

なんか、こんなぼそぼそと書いているブログ
見ていただいてありがとうございます(*´ω`*)

コメントもめっちゃうれしいです。仲間がいる!!!といつも励まされております。

さて急いで表題の件

前回から続くで子宮筋腫手術(子宮全摘両側付属器切除術)のその後
退院後2か月家で療養しておりました。
その間も体力をおとしてはいけないと、ウォーキングだけは欠かさず毎日30分から1時間ほどやっておりました。

術後お腹ぽっこり(筋腫のせい)もなくなり
(書いていなかったが、切除した筋腫は1.8kg151.pngあった)
術前に比べて3kgくらい痩せて退院していた。

が、3か月後
ふと体重を測った。

え?
え?
え?


いやそりゃね、痩せた体重は元にもどったかもなぁ。くらいの感覚だったのよ。
とんでもない。いやびっくり。


+8kg

え?



+8kg


ええええええええええええええええええっ!!

やばい。やばいでしょ。3か月よ。
3か月で8kgはやばいよ。

たまたま乳腺外科の診察があった。術後はじめての診察。
会ったそうそう主治医に言われた。

「太った??」

ちーーーーん(+o+)


そして言われた。ま、今までどおり食べてたら太るよ。と。

まじか。やっぱ卵巣切除で、閉経したしエストロゲンほぼなしになったし。
お腹切ったほうに気がいっていて体重気にしてなかった。

そこから必死で食べるのを減らし、、
仕事も復帰したおかげで-5kg

ただ、これだけでは終わらない。
というよりまた新たな悩みがはじまった。
(また書ききれなかったので次回へ続く)


話関係ないけど、
Queenファンなんですよ。私。2020年来日されたんですよ。
もちろん観に行きました!!最高でした。
乳がん番外編 卵巣切除とエストロゲン_a0325929_16224848.jpg
[

やわたの「黒香醋しょうが」(くろこうずしょうが)
# by shokix | 2020-09-05 22:07 | 子宮筋腫 | Comments(1)

乳がん番外編 子宮筋腫手術その後_a0325929_11205133.jpg
ごぶさたしております。
生きております(*´Д`)

なんだか更新しないうちに1年半も過ぎてしまいました。

子宮筋腫手術 続く と書いておきながら、続いていなかった148.png

入院中のことも詳しく書こうと思っていたのに、もはやすっかり忘れております(役立たず(-_-;))
しかし、術後いろいろありました。
今日はそのことをまとめて書こうと思います。

手術から退院までは割と通常通りに特に大きなこともなく退院できました。
2か月ほど家でのんびりしていました。

そして仕事をはじめて、、、

ぎっくり腰(2回目)
膀胱炎
腸炎

まずがぎっくり腰
2018年に一度やっているので2回目
術後、仕事に復帰してすぐ(役立たず2)
体力が落ちないように家で療養していた2か月の間もウォーキングは毎日やっていた。
しかし、
しかし、
ぎっくり腰をやって気づいた。
お腹がふにゃふにゃ(+o+)
いやもともと腹筋鍛えてたわけでもないのでぶよぶよだったが
それにしたって、なんか中がふにゃふにゃ
力がはいらない

いやそりゃそうよね、お腹裂いたんだもの153.png
仕事中にやってしまい、そのままタクシーで帰った、、
後日、やはり一応乳がんやってるし、骨が心配なのでレントゲンは撮ったが骨に異常はなし。


続いて膀胱炎
ぎっくり腰からたしか3か月ほどすぎて
今度は膀胱炎
つ、つ、辛かった。
もともとよくなるのだが、医者へすぐ行って抗菌剤をもらって、今までならすぐ効いたのに
効かない"(-""-)"
なんなん?
一週間後まだ再診。
調べたら耐性ができているので違う薬に変更。それでようやく効いた。
膀胱炎に2週間もかかってしまった。
抗菌剤は耐性ができる菌もでてくるので飲み過ぎには注意ってやつですな。

それでようやく落ち着いたかと思ったら、
続きまして、、、、


腸炎!!!

七転八倒のお腹の痛み。
冷や汗だらだら、激しい腹痛・嘔吐・下痢
ただね私は以前からこれ年1くらいでなってるからまたか!と思っていた。
だけど、、
最終的に下血149.png
さすがにそりゃまずい!
と医者へ行った(もう、受診科がどんどん増えていく)
まずはとにかく食べるな!
ええええ
そりゃね、腹痛あったから食欲もあまりないですよ。
だけどポカリとかそういう飲み物以外食べるな最低3日間149.png
大腸カメラを一週間後くらいに予約したので、ほぼ一週間固形物はあまり食べないように3日目からは
おかゆとかそんなものを食べてた。
そして大腸検査
鎮痛剤が効くのでほとんど寝ていたのだが途中で
「いたたたたたっ!」
医師も看護師もバタバタ、医師が看護師に顔色は?汗は?と確認している
カメラが通らないらしい、、、お腹を押されて無理やり通す。
痛いよーーーーーーーーーーーーと思いながらまた意識が遠くなった。

終わって診察
腸が赤くただれているようになっているので
腸炎ですね。細菌性かどうか病理検査に出します。
ポリープなどはありませんでした。
途中で痛かったのは、おそらく子宮摘出手術の影響で腸が癒着しているようです。
と。

とりあえず、消化のいいものを食べて便秘しやすいと思うのでと便秘薬を出された。

医師はただ腸炎と言っていたがたぶん虚血性腸炎?というやつだと思う。



術後あれやこれやの一年間
そしてそれだけじゃ、ない。
大問題が、、、、、


その話は次回(ほんとか?)


富士山がお散歩途中で見えるところにそんな間に引っ越ししました




やわたの「黒香醋しょうが」(くろこうずしょうが)


アフィリエイトのアクセストレード
# by shokix | 2020-08-23 12:47 | 子宮筋腫 | Comments(4)

2018.11月
子宮筋腫手術入院のあれこれをざっくり残しておこう。

11/20入院
手続きを済ませて病棟に案内してもらう。
まず、採血。
アルコールが今まで気づかなかったのだが、何故か赤くなる。アルコール禁になってしまった。
乳がん番外編 子宮筋腫手術_a0325929_21343791.gif

夜19時頃、執刀医と外来でいつもお世話になった医師に内診してもらう。腹部エコーも。術前の確認ということだ。
特に問題なし。
明日は14時の予定で手術を行うとのこと。
24時以降は水、お茶以外は飲食禁止。
看護師が下の毛を少し剃る。
乳がん番外編 子宮筋腫手術_a0325929_12022116.jpg
11/21手術日
10時以降は飲むのも禁止。
10時ギリギリに水を200から300飲んで下さいねと何度か念を押される。
前日から下剤、座薬を使用。
お腹を空にする。
便が出ないと最後は浣腸するらしいが、浣腸せずとも座薬で出たので良かった。
腹帯は名前を書いて看護師に渡す。
着圧ソックスを履き、下着はパンツのみ。
手術着(ガウン)を着て待機する。

14:20に呼び出しがかかり手術室へ向かう。
手術室までは歩いて行く。
手術室の前でしばらく待たされる。
執刀医が暇を持て余しふらっと来た。
若い女医さん。緊張感は全く無し 笑
まあ、それくらい堂々としているので安心して任せられる。

10分くらい待ってようやく部屋へ案内される。
まずは椅子に座り名前やどこを手術するのか聞かれる。アルコール禁も再確認。
手術台に寝るように案内される。
服を脱がされ、手の甲に点滴ルート。
初めに硬膜外麻酔を行うので横向きに寝る。
   ---  この麻酔にかなりびびっていた ---
膝を曲げ、頭を少しヘソを見る感じで曲げる。
チクッ
何かが中へ入る感じ。
痺れていませんか?
---痺れています(-。-;
右ですか左ですか?
---真ん中の刺した辺りです(-。-;
なにやら、刺し直す。
どうですか?
---大丈夫です!

怖かったがチクッだけで済んだ。

では真っ直ぐになりますね。
体制を仰向けに戻す。
マスクつけますよ〜〜
少しふわふわしますか〜〜  〜〜  〜〜
目の前がくるくる回り
その後は何も記憶がない。

次の記憶は、ベッドで運ばれているところ。
目が回りとにかく気持ち悪くて仕方ない。
気持ち悪いのにベッドでぐるぐる回る感じだ。
どうやら病室に着いたらしい。
気持ち悪い、気持ち悪いとずっと言っていて、身体は動かない感じで顔だけ横を向いて寝ていた。
パートナーが来て何か会話したような気もするが、最後のじゃあ帰るね!しか覚えていない。

痛みは全くなかった。
気持ち悪さもしばらくしたらおさまった。
14:30頃手術室で戻ったのは18:30だった。

それから何度か起きたがほとんど寝ていた。
乳がんの時は腰が痛くて痛くて何度も目が覚めて長い夜だったが、
今回は、硬膜外麻酔の痛み止めが良く効いているのか、あまり起きることもなくひたすら寝ていた。

続く

# by shokix | 2018-12-03 21:57 | 子宮筋腫 | Comments(2)

乳がん番外編 卵巣どうする?_a0325929_18201418.jpg
ハロウィンですが、、渋谷の馬鹿騒ぎはどうかと思うおばさんです。

さて、懸案事項となっていた卵巣どうする問題。答えを出しました。

子宮全摘、両側卵巣全摘。

ここから先のお話はあくまで
私個人のお話です。
参考にはしないで欲しいです。
身体は個々違います。特に今回年齢も大きく関わります。そしてリスクは承知の上の決意です。
へー、そんなことする人いるんだ!くらいでお読みいただけましたら幸いです。

いきなりこのブログ記事からお読みくださった方のために念のため書いておくと
子宮筋腫手術の話ですのでお間違いのないように、、がん再発予防のお話ではないです105.png

では本題
2018年10月29日
乳腺外科の主治医のもとへ訪ねた。
子宮筋腫(子宮全摘)手術の際、卵巣を切除するかしないかの相談だ。

まずはじめに主治医に確認したのは
卵巣を切除することによって、乳がん再発リスクを減らすことができるのか?
主治医の答えは、
新たにできる乳がんを減らすことはできない。

ただ卵巣を切除することによって、現在服用しているタモキシフェンをアロマターゼ阻害剤に確実に変更できる。
閉経の判断というのは実は難しく、生理が止まってもまだ閉経していない場合もある。
60代になれば閉経とみなして閉経後の薬にスイッチするが、
50代はなかなか判断が難しい。

タモキシフェンよりアロマターゼ阻害剤のほうが薬の効果としては再発リスクを減らせるのでそういう意味では
メリットがある。
また心配なのが副作用(更年期障害など)であるが、40代でこれをやるよりは50代だとすでに身体が閉経に向かっている。
卵巣を切除すると、通常の閉経だとだんだん閉経していくものがバツンとなくなるので身体の負担も大きいが、
50代の場合はすでに減りつつあるので40代と比較するとまだマシかもしれない。

もうひとつメリットを考えるとすると、
両側同時乳がんであること。
これは遺伝的要素も考えられること。
遺伝子検査は行っていないが、遺伝的要素が考えられると卵巣がんになる可能性も低くはない。
そういう意味では子宮、卵巣とも切除すれば子宮がん卵巣がんの心配はなくなる。

とまあ、こんな話をして下さった。
主治医の意見としては切除したほうがメリットはあるね。と。

私もこの話を聞いて、決意できた。
卵巣切除によるデメリット(全死亡率が高くなる)や更年期障害も承知の上でだ。

もし私が予防的にこれをやるとしたら、やらないと思う。
というかそれは推奨されていない。(遺伝子検査もしていない)

だけれども、ひょんなことから卵巣切除のチャンスが訪れた。
私はいつも生きているうえで信じていることがひとつだけある。
それは流れにのること。
だいたいが自分で決めたことはうまくいかない。
流れにのるとうまくいくのだ。
とにかく運がいいのだ。

今回も流れに乗ろう。
そう決めた。

にほんブログ村




# by shokix | 2018-11-01 18:55 | 乳がん | Comments(2)

乳がん番外編 巨大筋腫



乳がん番外編  巨大筋腫_a0325929_18201628.jpg

世界新三大夜景に選ばれた長崎の夜景です。





なんの脈略もありません(`・∀・´)
ブログの構造上の処理です(`・∀・´)

さて、前回からの続き
MRI結果が出た。
恐れおののいた。
デカイ、、これはあまりにもデカすぎる146.png
婦人科クリニックへ行き、画像を確認。
どうします?と先生。
先生も私ももうこれは切ったほうが良さそうという結論。
おへそを超えた筋腫
MRI画像をのせておきますがあまりにもグロいので漫画編集してある。
赤丸が筋腫。。。。。143.png
ぎょえええ
お腹をほとんど埋めていた。

さっそく大きい病院を紹介してもらい、
受診。
そこの先生からもこれは切ったほうがいいですね。と。
子宮全摘
開腹手術
とうとう決意する日が来た。

医師にずっと胃の調子が悪いのですが、
おへそまで筋腫があるということはそれで圧迫されて調子悪いということもありますか?と尋ねるとまあ、そういうこともありますねと。

頻尿
便秘
胃の不快感

ひょっとして全部筋腫のせい!?



乳がん番外編  巨大筋腫_a0325929_12271988.gif






子宮全摘は決意した。
ここでふともしかしてこのついでに卵巣も取ったほうがいいのでは?
と思い当たる。

卵巣を取ったほうが、乳がん再発リスクは下がるのか??

乳腺科主治医とじっくり話してこよう。

続きはまた次回。

# by shokix | 2018-10-14 14:42 | 乳がん | Comments(6)