ブログトップ

乳がんになっちゃった?由里乃の乳がん日記

乳がん ホルモン副作用

2016年6月30日
・告知から1年7ヶ月
・手術から1年6ヶ月
・抗ホルモン剤服用から1年3ヶ月

参りました‼︎

抗ホルモン剤の副作用、あなどれない。
いろいろな具合の悪さが次から次へとやってくる。

先日、かなり調子が良くなり漢方薬が効いた!と喜んでいた。
27日には3ヶ月の定期受診があり、
その際、乳腺科の主治医にも東洋医学科の先生にも、「漢方効いたのか、ホットフラッシュがおさまりました」と報告したばかり。東洋医学科の先生は、そんなに簡単に効くとは思えないんだけどな〜〜と謎の反論をされたが(笑)、とにかく楽になったので、気にしなかった。

ところがそれから2日後。
朝から身体がだるい。
頭がかすかに痛いようなどんよりした感じ。胸の苦しさ、軽く咳。
ホットフラッシュ?だが汗は出ない。
この間までは滝のような汗が出ていたがそれはない。だけれど具合が悪い。
この説明できない具合の悪さ。
それでもまだ気分的なものだろうと、気を奮い立たせて仕事へ行く。

次の日。
頭が痛いというよりぐわんぐわんする。
動悸なのか胸が苦しい。
起き上がるのが辛い。
迷惑かけるのは承知だが、
これではいい仕事ができるとは思えず、
休みをいただく。

いやー、参りました。
一日中寝ていても頭が痛いのが治らず、
鎮痛剤は一時的に効くが、しばらくするとぐわんぐわんと。胃やお腹が痛くなることはよくあるが、頭が痛いのはあまりない私。
辛い、辛すぎる。
偏頭痛持ちの人ってこんな感じなのだろうか?よく聞くけど、私には耐えられません´д` ;

一日経って、今朝まだおさまらないので、
そういえば前に頭痛かった時、コーヒーを飲むとおさまったことを思い出す。

不思議不思議。
ぴたりとおさまり、そこからようやく眠れた。(昼過ぎまで寝てた 笑)

実は私、副作用だってことを認めたくなかった。(ということに気づいた)
ブログを読み返してみたが、やっぱり副作用だと認める言葉は避けてた。
どの医者に言っても、「これは副作用ですね」とは言ってくれないし。

だけれど、少し前、
抗ホルモン剤ノルバデックス(タモキシフェン)を5日間程飲み忘れていた日があった。その時は飲み忘れていたことも気付かないでいた。毎日ずっと意識して飲んでいたのに、突然記憶障害かって思うほど、すっぽり抜けていた。
その数日間。
とても体調が良かった。
身体は軽いし、どこも痛みはないし、汗をかいてもあの嫌な更年期症状の汗とは違う。
漢方が効いてくれたのね‼︎
なんて呑気に思っていたら、
なんと飲み忘れ。

いろいろあとから総合的に考えると、
もうこの日々いろんな体調の悪さは、
副作用以外考えられない。

無意識に拒否したノルバデックス。
「もう先生に言って止めてもらうように頼もうかな?」
という気持ちまでよぎり始めた。

こんなぐずぐずブログを書いているので、当然私を心配してタモキシフェンの効果について情報を下さる方もいるわけで。

本当にやめちゃおうかな、、、、




でもね。そこからよおく考えた。
私は抗がん剤をやっていない。
抗ホルモン剤もある意味抗がん剤。
私の乳がん再発を抑えるのは、
今この飲んでる薬だけ。

もしかしたら数パーセントの再発防止かもしれない。
でももしこれを止めて再発転移となり、
最悪の状況になったら??
絶対後悔する。

そして今私は、ようやくこの体調の悪さを副作用だと認めた。

ならば、それとうまーく付きあっていくしかない。

認めれば闘う勇気も湧いてくるし、
この具合の悪さは、がんと闘ってるんだから仕方ない‼︎とも思えるし、
例えそれが、間違った仮説だったとしても、私はなにごともやらないよりやる派なのだ。

今までは、具合悪いと「再発⁉︎」と心配になったが、副作用だと認めれば変だけど逆に心は軽くなった。

体調がそれほど悪くない日もあるわけで。
とりあえず、仕事ができるかできないかを基準に考えようと思う。
仕事へ行けない日が続けば、これはもう完全に日常に支障がある。
その時はまた主治医に相談してみよう。
(というか、そんな時は本当に副作用じゃないかもしれないし´д` ;)

とまあこんな感じで、
いろんなことを受け入れはじめた私。
2年経てばまた気持ちも変わるのかもしれない。

抗ホルモン剤服用あと4年。
新たな気持ちで頑張るぞ‼︎と決意を固めた。(謎の決意)笑

a0325929_20045324.jpg

先日の東洋医学科は、2時間半待ち´д` ;
入るなり先生から、初診を4人もいれられちゃって、ごめんね〜〜と。
先生、大丈夫(^ ^)慣れてますから〜〜笑



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by shokix | 2016-07-02 20:03 | 乳がん | Comments(2)

がん患者と家族が集う会

2016年6月16日
前回投稿でいろいろ悩んでいた症状は、漢方薬を切り替えてから、ずいぶんと楽になった。やはり、漢方薬が合わなかったのだろうか?
一番はじめに所々の更年期的症状が出始めたときに処方していただいた漢方薬に戻したら、あんなに大変だったホットフラッシュがおさまった。ホットフラッシュがおさまると、微熱も感じられなくなり、異様なだるさや倦怠感もなくなった。
胸の動悸?苦しさ、咳はまだやや残っているものの、時々気になる程度になった。

身体が楽になると、心も楽になった。
心身は繋がっていると、更に自覚する。

前回のブログを読んで下さった方から、たくさんの優しい言葉をいただき、
本当に自分を甘やかしてみた 笑
そして楽になった。
そして太った´д` ;(だめぢゃん) 笑

身体の症状がおさまると、いろんな人に助けてもらってるなぁと気づき、感謝の気持ちが湧き出でてくる。

本当にありがとうございます。

不思議なもので、身体が辛いと結局自分のことしか考えてない状態になる。他人を思いやっているつもりでも、目を向けるのは自分のことばかり。
そして落ち着くと周りが見えてくる。

だから、周りが見えなくなってしまっている人はもしかしたら、身体のどこかに苦痛があったり、心に苦痛があったりするのかも知れない。

でもこれはきっと誰しもが生きている間繰り返していることなのかなぁと、
なんだか、哲学的に想いを馳せてみる。

ま、物事には限度があるけどね。

さて、今日は紹介したいことがある。
私のこんなぐだぐだも、もしかしたら「ただ話す」ということをするだけで一歩次へ進めるのかも知れない、と感じる場所だ。私自身は、この悶々とした気持ちを吐き出すために、ブログを書いているが、それをリアルな場所でやってもいいのかも知れない。
実は患者会など探していたのだが、なかなかピンとくるところがなく、行動するところまではいかなかった。今回紹介するところは、ようやく私が行動したくなったところである。
ただ、現実としては、場所が遠いので私自身は行くことができないのだが、
もし、これを読んでお近くの方がいればと思ったのだ。


日時 6月30日(木) 11:00~13:00
場所 芦屋・西宮近辺
詳細↓
小鳥ガーデンカフェ
香西慶子さん「季節にあわせた香りたつ暮らしのレッスン」ブログ

このブログを書いていらっしゃる香西慶子さんご自身もがんであり、さまざまな体験から「がん患者と家族が集う会」を発足されました。

とっても素敵なブログですので、ぜひ読んでみて下さいね。


私と香西さんとの出会いは過去記事にあります。

悲しい記事と救われた記事


昨日、私の近しい人の近しい人が(私は面識ない)乳がんかも知れないということで検査中とのこと。
乳がん先輩⁉︎として何か力になれたらなぁと思う。ただ、自分がそうだったように、周りができることってとっても少ない。
今は乳がんではないことを祈るばかりだ
a0325929_15560288.jpg

またまた紫陽花(^ ^)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by shokix | 2016-06-16 19:05 | 乳がん | Comments(0)

乳がん なんでもないことが気になる病

2016年6月5日
術後1年半。

最近の状況を記しておこうと思う。

まずは微熱。
相変わらず微熱が37度くらいが、出たり下がったり、平均すると36.8度くらいになっている。微熱が出ると身体がだるくなる。(だるくなるので熱を測ると37..0から37.4度くらい)その繰り返しをしている。
原因不明。

1ヶ月か2ヶ月前あたりから、ホットフラッシュがひどくなり、東洋医学科で漢方薬を変えてもらう。

子宮筋腫の下腹部痛はなぜか大人しくなっている。

薬を変えてしばらくすると今度は微熱だけじゃなく、胸の苦しさ、左胸の軽い痛み、左肩から肩甲骨の痛み、左腕のしびれ、咳に悩まされる。

とりあえず前の記事で2週間は様子を見ましょうというのを守って2週間ほど様子を見る。

多少悪化してくる。肋骨の間に手を入れて中を触りたい感じ。
なんか、心臓とかおかしいのかな?と、またいろんな不安に駆られる。

とにかく疲労感が半端なく仕事をしていてもすべてがよっこいしょと掛け声ださないと動けない感じ。

なんかやだなぁと思い、とりあえず近所のクリニックへ行ってみる。
肺炎?心臓?ただの肩こりか?

まずは症状を説明する。ここは放射線治療後も咳が出たときにかかったクリニック。なので乳がんのことは説明済み。
では、胸のレントゲンと心電図を撮りましょう。
結果はすぐわかり、肺は、何か前の傷のような影が小さくありますが、問題ありませんね〜〜。心電図も異常無し。

もし心配ならCT撮りますか?と言われ、迷ったが撮ることにする。

迷ったのは、放射線治療しててCTとか撮って平気なのかな?と一瞬疑問に思ったからだ。

CTは別の日に、スキャンセンターというCTやMRI専門のところへ行く。先生はCT屋っていっていた 笑

そのCT屋で一応放射線治療してますがCT撮って大丈夫ですか?と聞いてみる、大丈夫ですよ〜〜。と。

CT自体はすぐに終了。4日後にクリニックへ送りますとのこと。

4日後クリニックへ。
CTの結果。
なにもないですね〜〜´д` ;
放射線技師は小さい点を指摘していますが、なんでもないと思いますよ。

うーむ。やっぱりただの肩こりですかね〜〜?アレルギーとかではないですか?と聞くと、それもなさそうですね〜〜と。まあ、あとは整形外科に行ってみるとか?

あきらかに、なんでもないのでなにもできないから帰って下さいという感じ。

はいはいはい。
気のせいですね 笑

胸の痛み、咳は確かにあるんですがね、、、。

これ以上先生を困らせても仕方ないので、すごすご帰る。

このクリニックを受診する間に、前回処方を変えてもらった漢方薬の状況を見るためにがんセンターの東洋医学科も受診。

ここでも胸の苦しさなど言ってみる。変えた薬の副作用とかじゃないですよね?
と。

先生はそんなのない。とあっさりスルー。

ただ、ホットフラッシュはひどくなっており、日中も滝のような汗。寝ていても寝具がグッショリになり、数時間おきに目を覚ましてしまう。と冬の間治まっていた症状が、はじめの状況に戻っていることを説明。

そしてまた処方を変えてもらう。
ただ、中身はほとんど変わらず、飲み方を変えて、以前増やした1日2回飲む薬を夜寝る前だけにした。

そんなこんながあり、現在はというと。
相変わらず胸に違和感はあるものの苦しい感じは治まってきた。咳は変わらず出るが悪化はしていない。劇的に変わったのがホットフラッシュ。日中も汗はあまり出なくなり、眠れるようになった。

微熱も身体がだるくおかしいと思うことが減り、熱を測ることも少なくなった。

胸の動悸?や微熱は、もしかしたらホットフラッシュだったのかもしれない。
カーッとなり汗をかくことが減り、症状は緩和されつつある。

結局結局、
様々な不調はやっぱり更年期障害⁉︎

ホットフラッシュか改善されて眠れるようになったことでだいぶ楽になってきた。
漢方薬ちょっと変えただけで、こんなに変わるとは驚きだ。

たぶん更年期障害症状が悪化すると精神的不安定さも悪化するようだ。

がんになったことに対する不安が1年半たってもまだ解消できずにいることが情け無い。
引きこもりがちもまだ解消できず。
何かやったほうがいいのはわかっているのだが、どうしても重い腰が上がらない。というよりその傾向はますますひどくなっている。何かをする気が全く起きないのだ。

やっぱりそろそろ患者会とか行くべきなのか。

何かひとつ、楽しくできる新しいことを探してみようと思う。

いいかげんここから抜け出さないと先へ進めない。
答えはわかっている、何か目標を持つこと。身体を動かすこと。
わかっているのにやれない自分が情け無い。

あなたは、なんでもないことが気になる病にかかっていませんか?

a0325929_12354378.jpg

もうそろそろ梅雨ですかね?003.gif
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by shokix | 2016-06-05 16:15 | 乳がん | Comments(2)

乳がん プロゲステロンって?

2016年5月13日

暑い、暑い。
毎日滝のような汗。
今日は婦人科へ。

腹部超音波。
最大の筋腫は7.6×9cm。
先生もうーん。どうしますかね〜〜と。
この更年期障害症状と子宮筋腫については、私の中では今のところ結論を出している。
とりあえず我慢できるとこまで我慢する。

具合の悪いのは、だいたい半月程度だし、
これも乳がん再発予防の為なんだし、
我慢できそうなら我慢しようと決めた。

先生にもそう伝える。リュープリンをやっても筋腫が小さくなるとは限らない。
先生「あとは手術しかないですね〜〜」
やや消極的な言い方。
私「まあとりあえず様子見て我慢します」

微熱が毎月あるのはやはりホルモンバランスのせいですか?と尋ねるとそういうのはあまり聞いたことないですね〜〜と。

うーん。
精神的なものなのか?

そして先生、
「筋腫が大きい人は血栓症になりやすいから気をつけて下さいね」
私「血栓症って?どんな症状なんですか?」
先生「症状はないんですよ〜〜。ただひどくなると呼吸困難とか心臓とかに影響して、、、」
ゴソゴソと血栓症のチラシのようなものを見せる
「まあ、たまに片足がぱんぱんに腫れる人もいますけど、あまり症状はないんですよね」

…………

症状ないものをどう気をつければいいんですかね??( ゚д゚)ココロノコエ

先生「ま、お大事にして下さいね〜〜次回はまた3ヶ月後に」

血栓症か、、、。
まあ、気にしすぎは良くない。とりあえず置いておこう。(というかよくわかってない)


さて、そろそろ本題。
今日は前回の続き、エストロゲン増大(過多)を抑制して、更年期障害症状も抑えられるのがないのか?
ってお話。

ただし‼︎今日の話はネットで調べたものばかり。正しいかどうかは全く不明。そして私の希望と妄想の話なので、参考にはなりません。 笑

では、私の調べたおとぎ話にお付き合い下さい 笑

まず前回も書いたが、女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二つがある。

乳がんのホルモン受容体の検査も、
ER(エストロゲンレセプター)と
PgR(プロゲステロンレセプター)の両方の有無を調べる。
乳がんがホルモン依存性があるかないかを調べるわけだ。

そしてその後ホルモン依存性がある乳がんの治療はホルモン療法(内分泌療法)を行う。

ここまで私が今やっている治療。ホルモン療法を行うことでその副作用の更年期障害症状に悩まされている。

で、このホルモン療法だが、大まかに言うとエストロゲンを抑える療法(厳密に言うと違うが
)がほとんどのように感じる。私が服用しているノルバデックスも、抗エストロゲン剤だ。

じゃあ、プロゲステロンはどうなってるの??
両方調べて何故エストロゲンばかりに注目するのだろうか?

エストロゲンについては前回ざっくり調べた。今度はプロゲステロン。
調べてみた。

プロゲステロンは、排卵後から生理前までに分泌されるホルモンで、「ステロイドホルモン」の一種である。これは卵巣の他に副腎や神経細胞でも産生されていて、プロゲステロンやエストロゲン、副腎で造られるコルチゾールというホルモンの元になる材料は、肝臓が合成する「コレステロール」と言われている。

む、難しい、、、

エストロゲンと同じで妊娠するのに重要なホルモン。役割は、
●基礎体温を上げる
●子宮内膜を厚くして着床を助ける
●乳腺を発達させる
●エストロゲンの作用を抑制する

‼︎‼︎‼︎‼︎抑制する???

「女性はストレスなどが原因で容易にホルモンバランスが崩れることがあります。するとプロゲステロンの分泌が十分でなくなり、エストロゲン過多になってしまうこともあるのです。」(Cutaより)

また、
エストロゲン優位の状態が長く続いた場合、乳腺や子宮内膜への働きかけが過剰になってしまうため、正常な状態を維持できなくなると言われています。つまり、プロゲステロンには、エストロゲンの暴走を鎮める重要な役割があるのです。プロゲステロンが不足したとき、次のような疾患が指摘されています。」(同じくCutaより)

プロゲステロンとエストロゲンは、排卵後から生理前までプロゲステロンが優位になりつつも同時にエストロゲンも分泌されている。女性ホルモンはストレスによってバランスを崩しやすいプロゲステロンの不足によってエストロゲン過多になる。

【Cutaというサイトからかなり引用させていただいています。】

ふむふむ。エストロゲン過多なのは、ストレスなどによりプロゲステロンが不足しているせいでもあるか??

さらにいろいろ調べて見る面白い情報を見つけた。
✴︎乳がん増殖を抑えるプロゲステロン受容体
こちら→AASJ(オールアバウトサイエンスジャパン)というサイトの論文ウォッチより


んむむむ。難しい、、、

そしてもうひとつ
✴︎乳がんと2種のホルモンについて新たな知見


どちらもNatureオンライン版に掲載された

「Progesterone receptor modulates ERα action in breast cancer’」
という論文について書かれている記事だ。

これらを読んでみて、頭の悪い私が思ったこと。

今までは、プロゲステロンレセプターは、エストロゲンレセプターが正常に機能しているかどうかを見るためのものだったが、
今回の研究により、プロゲステロンレセプターが、エストロゲンレセプターの活性に影響を与えていて、
プロゲステロンを投与すると、プロゲステロンレセプターが活性化して、エストロゲンレセプターの活性化が抑制されるとのこと。


つ、疲れた、、、008.gif

うーん。大まかに言うと、

プロゲステロン結構重要‼︎

ってここまで読めた人いるんだろうか??
ない頭を使いながら調べてみたんだけど、
私としては、
ストレスなどによりプロゲステロンが減っていて、ホルモンバランスが崩れる。しかもエストロゲン過多になり乳がんによくない。
で、エストロゲンを抑える薬飲む。だけど、副作用。
で、、、、

この新たな知見のプロゲステロンの投与を
もっと解明していけば、
プロゲステロンとエストロゲンのバランスも良くなって、乳がんも増殖せず、
ホルモンバランスが良くなれば、筋腫も大きくならず、副作用も少なくなるんじゃないか?

という妄想に至ったわけだ。

すみません、、更年期障害症状から逃れたいあまりの妄想にお付き合いいただきありがとうございました

a0325929_20141584.jpeg
写真は、みなとよこはま016.gif
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by shokix | 2016-05-19 20:18 | 乳がん | Comments(2)

乳がん 「ああ、エストロゲン」



2016年5月9日

本日は東洋医学科受診のためがんセンターへ。

ここのところ気温が高くなって、木々も緑がまぶしい季節になってきた。
さわやかで一番いい季節のはずが、
この暑さで、ホットフラッシュがまた復活。
漢方薬を飲み忘れたりすると、頭がぼーっとなりのぼせがひどい。
汗は出はじめるとタオルなしではすごせなくなってきた。

テレビではちょうど更年期障害についてやっていた。
「更年期障害は治せますよ‼︎」
え?そうなの?
「ホルモン補充すればいいのです」
「エストロゲンを増やせばいいのです」
‥‥‥‥‥‥‥

ホルモン感受性が高い乳がんの私は一番やってはいけないことじゃないか!(◎_◎;)なんのためにエストロゲンを抑える薬飲んでるんだか、、、。

しかも、子宮筋腫もエストロゲンが関係しているらしい。子宮筋腫の原因は解明されてないようだが、
産婦人科のブログなどあちこち見てもエストロゲンによって増大すると考えられているようだ。

乳がんもエストロゲン
子宮筋腫もエストロゲン

エストロゲンっていったい何⁉︎
と思い、これはじっくり調べてみようと図書館まで行き、医学誌などを読み漁る。

が、、、読んだら余計に頭が混乱してきた。
エストロゲンは、女性ホルモン。
卵巣から分泌される卵胞ホルモン。
女性ホルモンには他にプロゲステロンという黄体ホルモンがある。

卵胞ホルモンは、何をしてるかというと子宮の発育、乳腺の発達、骨格の女性化、卵胞の発達促進、卵管の運動を促すなどなど、ざっくり言うと、女性らしい身体を作っているのはこのエストロゲン。卵子を包んでいる卵胞、これの成長をサポートしているので、生命を誕生させるにはとても重要なものだと言える。

で?

…………

女性の身体にとって必要なホルモン。それがなぜ乳がんや子宮筋腫(それだけじゃないが)に影響を与えるのか?

で、基本に立ち返って、乳がんの原因について調べてみる。(ホルモン受容体陽性の場合ね)

国立がん研究センターがん情報サービスより
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

乳がんの発生要因

乳がんの発生には女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっていることが知られています。すなわち、体内のエストロゲン濃度が高いこと、また、経口避妊薬の使用や、閉経後の女性ホルモン補充療法など、体外からの女性ホルモン追加により、リスクが高くなる可能性があるとされています。また、体内のエストロゲン濃度が維持されている期間が長いほど、ホルモン受容体陽性の乳がんの発症リスクがあがるといわれています。初潮が早いことや閉経が遅いことは体がエストロゲンに暴露される期間が長いことを意味します。妊娠中は体内のエストロゲン濃度は押さえられていますので、出産経験のない女性は出産経験のある女性よりもエストロゲンに暴露される期間が長くなります。さらに、脂肪細胞でもエストロゲンがつくられるため、成人してからの肥満もリスク要因とされています。特に、閉経後の肥満はリスク要因であることがわかっています。そのため、出生時の体重、初潮年齢、妊娠や出産経験の有無、初産の年齢、授乳歴などが乳がんの発生に影響すると考えられています。
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
長いっ´д` ;

要するに初潮が早かったり出産してなかったり肥満だったりすると、エストロゲン濃度が高く、期間も長いとリスクが高いというわけだ。

じゃあ、子宮筋腫は?
子宮筋腫の発生原因は解明されておらず、ホルモンレセプター(ホルモン受容体)を持ち、30歳から40歳の性成熟期に好発し、閉経期には退縮する。エストロゲン依存性。
図書館で調べた。

子宮筋腫は良性の腫瘍
乳がんは悪性腫瘍

筋腫はなんで悪性にはならないんだろうか?素朴な疑問、、、
なんか似てるのにね、、、


という具合に頭が混乱してくる。

じゃあ、エストロゲンの濃度を高すぎないようにしてくれるものはないのだろうか?

長くなったので次回へ。

本日の東洋医学科は、
私が薬を飲み忘れるため、1日2回で済む同じ薬のメーカー違いを処方と、暑さホットフラッシュ対策に新しい薬を処方(白虎加人参湯)

薬の効き目を確認するため、次回予約は3週間後となった。

こちらのほうが不味い気がする、、、´д` ;良薬口に苦し、、、
a0325929_18062163.jpeg


にほんブログ村ぽちっとお願いします
[PR]
# by shokix | 2016-05-10 18:39 | 乳がん | Comments(4)

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30