ブログトップ

乳がんになっちゃった?由里乃の乳がん日記

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

乳がん 術後1年半の胸の状態

2016年7月18日
今日は私自身の備忘録として書き残しておく。

放射線治療後1年半が経過する。
実はずっとおかしかったのだが、記録していなかった胸の状態。

ステージ2の右胸
術後しばらくはまだ腫れがあり、張っている状態だったので、もともと大きすぎた胸が、4.5cmの腫瘍とその周りの脂肪を切り、皮膚を引っ張ってくっつけているので、傷はあるもののバストアップしてサイズも程よい美乳‼︎になっていた(術前術後自己比較です笑)
先生、腕がいい‼︎なんて喜んでいた。

が、今は腫れがだいぶなくなり、傷のところは凹んでややひきつれた感じになった。
硬さもだいぶ緩み柔らかさが戻ってきている。(ちなみにこちらのほうが悪性度は高い)


問題は左胸。
こちらはステージ1
腫瘍の大きさも0.7mm
硬癌
放射線治療後、かちかちに硬まっていた。
腫瘍の大きさも小さいので、サイズとしてはほとんど変わらない。
ただセンチネルリンパ節生検では左胸のほうがセンチネルリンパ節の摘出数が一つ多かった(どちらも転移はなし)

ちょっとした違いはあるものの、左胸は浸潤癌ではあるが確実に早期発見だし、転移もないので手術でほぼ完治だろうと思っている。

しかし、何故か左胸のほうが腫れが引かない。硬さはやや柔らかくはなったが、
放射線治療後からさほど変わっていない。
脇もボコボコしている。

だが、術後しばらくは仕方ないさ〜〜と思っていたし、一年目のマンモとエコーの検査も少し早めにやってもらい、特に問題なしだったので放置していた。

そして一年半が過ぎ、
左右の胸の回復の差が歴然としてきた。

さすがの主治医も先日の診察で
一年半かー、浮腫んでるね。と。
カルテにもポチポチ入力していた。

仕事で腕を使う影響?
明らかにどこかリンパの流れがおかしい気がする。

まあ、無駄に心配しても仕方ないので(だいぶ異変に慣れてきた 笑)
次回の受診で2年目検査もあるので気にしないでおくことにする。

それ以外の身体の異変は、更年期症状はさておき、気になるというか仕事に影響があるのが、指の関節の痛み。
こちらは、ゆっくりと悪化している。
日々セルフマッサージしているが、左手はグーするのに違和感。
セルフマッサージが追いつかない感じだ。
a0325929_19174480.jpg


曲がっている小指より、違和感がひどいのは中指の関節
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by shokix | 2016-07-18 19:24 | 乳がん | Comments(6)

乳がん ホルモン副作用

2016年6月30日
・告知から1年7ヶ月
・手術から1年6ヶ月
・抗ホルモン剤服用から1年3ヶ月

参りました‼︎

抗ホルモン剤の副作用、あなどれない。
いろいろな具合の悪さが次から次へとやってくる。

先日、かなり調子が良くなり漢方薬が効いた!と喜んでいた。
27日には3ヶ月の定期受診があり、
その際、乳腺科の主治医にも東洋医学科の先生にも、「漢方効いたのか、ホットフラッシュがおさまりました」と報告したばかり。東洋医学科の先生は、そんなに簡単に効くとは思えないんだけどな〜〜と謎の反論をされたが(笑)、とにかく楽になったので、気にしなかった。

ところがそれから2日後。
朝から身体がだるい。
頭がかすかに痛いようなどんよりした感じ。胸の苦しさ、軽く咳。
ホットフラッシュ?だが汗は出ない。
この間までは滝のような汗が出ていたがそれはない。だけれど具合が悪い。
この説明できない具合の悪さ。
それでもまだ気分的なものだろうと、気を奮い立たせて仕事へ行く。

次の日。
頭が痛いというよりぐわんぐわんする。
動悸なのか胸が苦しい。
起き上がるのが辛い。
迷惑かけるのは承知だが、
これではいい仕事ができるとは思えず、
休みをいただく。

いやー、参りました。
一日中寝ていても頭が痛いのが治らず、
鎮痛剤は一時的に効くが、しばらくするとぐわんぐわんと。胃やお腹が痛くなることはよくあるが、頭が痛いのはあまりない私。
辛い、辛すぎる。
偏頭痛持ちの人ってこんな感じなのだろうか?よく聞くけど、私には耐えられません´д` ;

一日経って、今朝まだおさまらないので、
そういえば前に頭痛かった時、コーヒーを飲むとおさまったことを思い出す。

不思議不思議。
ぴたりとおさまり、そこからようやく眠れた。(昼過ぎまで寝てた 笑)

実は私、副作用だってことを認めたくなかった。(ということに気づいた)
ブログを読み返してみたが、やっぱり副作用だと認める言葉は避けてた。
どの医者に言っても、「これは副作用ですね」とは言ってくれないし。

だけれど、少し前、
抗ホルモン剤ノルバデックス(タモキシフェン)を5日間程飲み忘れていた日があった。その時は飲み忘れていたことも気付かないでいた。毎日ずっと意識して飲んでいたのに、突然記憶障害かって思うほど、すっぽり抜けていた。
その数日間。
とても体調が良かった。
身体は軽いし、どこも痛みはないし、汗をかいてもあの嫌な更年期症状の汗とは違う。
漢方が効いてくれたのね‼︎
なんて呑気に思っていたら、
なんと飲み忘れ。

いろいろあとから総合的に考えると、
もうこの日々いろんな体調の悪さは、
副作用以外考えられない。

無意識に拒否したノルバデックス。
「もう先生に言って止めてもらうように頼もうかな?」
という気持ちまでよぎり始めた。

こんなぐずぐずブログを書いているので、当然私を心配してタモキシフェンの効果について情報を下さる方もいるわけで。

本当にやめちゃおうかな、、、、




でもね。そこからよおく考えた。
私は抗がん剤をやっていない。
抗ホルモン剤もある意味抗がん剤。
私の乳がん再発を抑えるのは、
今この飲んでる薬だけ。

もしかしたら数パーセントの再発防止かもしれない。
でももしこれを止めて再発転移となり、
最悪の状況になったら??
絶対後悔する。

そして今私は、ようやくこの体調の悪さを副作用だと認めた。

ならば、それとうまーく付きあっていくしかない。

認めれば闘う勇気も湧いてくるし、
この具合の悪さは、がんと闘ってるんだから仕方ない‼︎とも思えるし、
例えそれが、間違った仮説だったとしても、私はなにごともやらないよりやる派なのだ。

今までは、具合悪いと「再発⁉︎」と心配になったが、副作用だと認めれば変だけど逆に心は軽くなった。

体調がそれほど悪くない日もあるわけで。
とりあえず、仕事ができるかできないかを基準に考えようと思う。
仕事へ行けない日が続けば、これはもう完全に日常に支障がある。
その時はまた主治医に相談してみよう。
(というか、そんな時は本当に副作用じゃないかもしれないし´д` ;)

とまあこんな感じで、
いろんなことを受け入れはじめた私。
2年経てばまた気持ちも変わるのかもしれない。

抗ホルモン剤服用あと4年。
新たな気持ちで頑張るぞ‼︎と決意を固めた。(謎の決意)笑

a0325929_20045324.jpg

先日の東洋医学科は、2時間半待ち´д` ;
入るなり先生から、初診を4人もいれられちゃって、ごめんね〜〜と。
先生、大丈夫(^ ^)慣れてますから〜〜笑



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by shokix | 2016-07-02 20:03 | 乳がん | Comments(2)

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31