<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

がん患者と家族が集う会

2016年6月16日
前回投稿でいろいろ悩んでいた症状は、漢方薬を切り替えてから、ずいぶんと楽になった。やはり、漢方薬が合わなかったのだろうか?
一番はじめに所々の更年期的症状が出始めたときに処方していただいた漢方薬に戻したら、あんなに大変だったホットフラッシュがおさまった。ホットフラッシュがおさまると、微熱も感じられなくなり、異様なだるさや倦怠感もなくなった。
胸の動悸?苦しさ、咳はまだやや残っているものの、時々気になる程度になった。

身体が楽になると、心も楽になった。
心身は繋がっていると、更に自覚する。

前回のブログを読んで下さった方から、たくさんの優しい言葉をいただき、
本当に自分を甘やかしてみた 笑
そして楽になった。
そして太った´д` ;(だめぢゃん) 笑

身体の症状がおさまると、いろんな人に助けてもらってるなぁと気づき、感謝の気持ちが湧き出でてくる。

本当にありがとうございます。

不思議なもので、身体が辛いと結局自分のことしか考えてない状態になる。他人を思いやっているつもりでも、目を向けるのは自分のことばかり。
そして落ち着くと周りが見えてくる。

だから、周りが見えなくなってしまっている人はもしかしたら、身体のどこかに苦痛があったり、心に苦痛があったりするのかも知れない。

でもこれはきっと誰しもが生きている間繰り返していることなのかなぁと、
なんだか、哲学的に想いを馳せてみる。

ま、物事には限度があるけどね。

さて、今日は紹介したいことがある。
私のこんなぐだぐだも、もしかしたら「ただ話す」ということをするだけで一歩次へ進めるのかも知れない、と感じる場所だ。私自身は、この悶々とした気持ちを吐き出すために、ブログを書いているが、それをリアルな場所でやってもいいのかも知れない。
実は患者会など探していたのだが、なかなかピンとくるところがなく、行動するところまではいかなかった。今回紹介するところは、ようやく私が行動したくなったところである。
ただ、現実としては、場所が遠いので私自身は行くことができないのだが、
もし、これを読んでお近くの方がいればと思ったのだ。


日時 6月30日(木) 11:00~13:00
場所 芦屋・西宮近辺
詳細↓
小鳥ガーデンカフェ
香西慶子さん「季節にあわせた香りたつ暮らしのレッスン」ブログ

このブログを書いていらっしゃる香西慶子さんご自身もがんであり、さまざまな体験から「がん患者と家族が集う会」を発足されました。

とっても素敵なブログですので、ぜひ読んでみて下さいね。


私と香西さんとの出会いは過去記事にあります。

悲しい記事と救われた記事


昨日、私の近しい人の近しい人が(私は面識ない)乳がんかも知れないということで検査中とのこと。
乳がん先輩⁉︎として何か力になれたらなぁと思う。ただ、自分がそうだったように、周りができることってとっても少ない。
今は乳がんではないことを祈るばかりだ
a0325929_15560288.jpg

またまた紫陽花(^ ^)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by shokix | 2016-06-16 19:05 | 乳がん | Comments(0)
2016年6月5日
術後1年半。

最近の状況を記しておこうと思う。

まずは微熱。
相変わらず微熱が37度くらいが、出たり下がったり、平均すると36.8度くらいになっている。微熱が出ると身体がだるくなる。(だるくなるので熱を測ると37..0から37.4度くらい)その繰り返しをしている。
原因不明。

1ヶ月か2ヶ月前あたりから、ホットフラッシュがひどくなり、東洋医学科で漢方薬を変えてもらう。

子宮筋腫の下腹部痛はなぜか大人しくなっている。

薬を変えてしばらくすると今度は微熱だけじゃなく、胸の苦しさ、左胸の軽い痛み、左肩から肩甲骨の痛み、左腕のしびれ、咳に悩まされる。

とりあえず前の記事で2週間は様子を見ましょうというのを守って2週間ほど様子を見る。

多少悪化してくる。肋骨の間に手を入れて中を触りたい感じ。
なんか、心臓とかおかしいのかな?と、またいろんな不安に駆られる。

とにかく疲労感が半端なく仕事をしていてもすべてがよっこいしょと掛け声ださないと動けない感じ。

なんかやだなぁと思い、とりあえず近所のクリニックへ行ってみる。
肺炎?心臓?ただの肩こりか?

まずは症状を説明する。ここは放射線治療後も咳が出たときにかかったクリニック。なので乳がんのことは説明済み。
では、胸のレントゲンと心電図を撮りましょう。
結果はすぐわかり、肺は、何か前の傷のような影が小さくありますが、問題ありませんね〜〜。心電図も異常無し。

もし心配ならCT撮りますか?と言われ、迷ったが撮ることにする。

迷ったのは、放射線治療しててCTとか撮って平気なのかな?と一瞬疑問に思ったからだ。

CTは別の日に、スキャンセンターというCTやMRI専門のところへ行く。先生はCT屋っていっていた 笑

そのCT屋で一応放射線治療してますがCT撮って大丈夫ですか?と聞いてみる、大丈夫ですよ〜〜。と。

CT自体はすぐに終了。4日後にクリニックへ送りますとのこと。

4日後クリニックへ。
CTの結果。
なにもないですね〜〜´д` ;
放射線技師は小さい点を指摘していますが、なんでもないと思いますよ。

うーむ。やっぱりただの肩こりですかね〜〜?アレルギーとかではないですか?と聞くと、それもなさそうですね〜〜と。まあ、あとは整形外科に行ってみるとか?

あきらかに、なんでもないのでなにもできないから帰って下さいという感じ。

はいはいはい。
気のせいですね 笑

胸の痛み、咳は確かにあるんですがね、、、。

これ以上先生を困らせても仕方ないので、すごすご帰る。

このクリニックを受診する間に、前回処方を変えてもらった漢方薬の状況を見るためにがんセンターの東洋医学科も受診。

ここでも胸の苦しさなど言ってみる。変えた薬の副作用とかじゃないですよね?
と。

先生はそんなのない。とあっさりスルー。

ただ、ホットフラッシュはひどくなっており、日中も滝のような汗。寝ていても寝具がグッショリになり、数時間おきに目を覚ましてしまう。と冬の間治まっていた症状が、はじめの状況に戻っていることを説明。

そしてまた処方を変えてもらう。
ただ、中身はほとんど変わらず、飲み方を変えて、以前増やした1日2回飲む薬を夜寝る前だけにした。

そんなこんながあり、現在はというと。
相変わらず胸に違和感はあるものの苦しい感じは治まってきた。咳は変わらず出るが悪化はしていない。劇的に変わったのがホットフラッシュ。日中も汗はあまり出なくなり、眠れるようになった。

微熱も身体がだるくおかしいと思うことが減り、熱を測ることも少なくなった。

胸の動悸?や微熱は、もしかしたらホットフラッシュだったのかもしれない。
カーッとなり汗をかくことが減り、症状は緩和されつつある。

結局結局、
様々な不調はやっぱり更年期障害⁉︎

ホットフラッシュか改善されて眠れるようになったことでだいぶ楽になってきた。
漢方薬ちょっと変えただけで、こんなに変わるとは驚きだ。

たぶん更年期障害症状が悪化すると精神的不安定さも悪化するようだ。

がんになったことに対する不安が1年半たってもまだ解消できずにいることが情け無い。
引きこもりがちもまだ解消できず。
何かやったほうがいいのはわかっているのだが、どうしても重い腰が上がらない。というよりその傾向はますますひどくなっている。何かをする気が全く起きないのだ。

やっぱりそろそろ患者会とか行くべきなのか。

何かひとつ、楽しくできる新しいことを探してみようと思う。

いいかげんここから抜け出さないと先へ進めない。
答えはわかっている、何か目標を持つこと。身体を動かすこと。
わかっているのにやれない自分が情け無い。

あなたは、なんでもないことが気になる病にかかっていませんか?

a0325929_12354378.jpg

もうそろそろ梅雨ですかね?003.gif
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by shokix | 2016-06-05 16:15 | 乳がん | Comments(2)

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。


by 由里乃