ブログトップ

乳がんになっちゃった?由里乃の乳がん日記

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

乳がん タモキシフェンと子宮筋腫

2016年2月19日

ノルバデックス錠20mg(一般名タモキシフェンクエン酸塩)を飲みはじめて11ヶ月。

もともと子宮筋腫はもうかれこれ10年前くらいからあったのだが、
どうも最近下腹部痛が起こる。不正出血(ごく少量)もあったので、何かおかしい、、と感じて婦人科へ行ってみた。

前回婦人科へ行ったのは昨年4月。
この時も子宮頸癌、子宮体癌、子宮筋腫を調べてもらった。
頸癌、体癌については異常なし。
筋腫は、先生いわく、
「ぼこぼこできていますね〜〜、大きいもので7cmくらいです」
この時も下腹部痛を訴えていたのだが、相手にされず、以前の大きさがわからないので、なんとも言えません。何か異常があったらまた来て下さいと、、、。

異常があったから、来たんですが、、、(^◇^;)まあ、日常生活に支障があるほどの痛みでもないし、とりあえず経過観察ね。と納得していた。

そしてここ数ヶ月、毎月微熱が出てだるい日が数日。数日経つとおさまるので様子を見ていた。そしてまた下腹部痛。ずきずきと痛むこともある。プラスごく少量の不正出血。
ノルバデックスを飲みはじめてから更年期障害のような症状はあるものの、生理は乱れているがだいたい毎月ある。
そろそろまた婦人科行かなきゃなぁと生理でもないのに下腹部痛がひどい時に予約した。

今回も子宮頸癌、体癌の検査を依頼する。
子宮筋腫は、経膣超音波で調べる。
先生「あら?筋腫大きくなりましたか?」
私「やっぱりそうですか、もうおへその脇くらいに痛みを感じるんです」

どうやら、経膣超音波では見れないくらいになっていて、お腹のほうから超音波検査しますね。と。
近くの同じ系列の内科へ行き、超音波検査をしてもらう。
先生「結構大きいですね〜〜。おへそのほうまであります」

終了後、婦人科へ戻り元の先生と話す。
やはり、筋腫は育っていた。
一番大きいので、前回7cmが今回8cm。
ノルバデックス飲んでるんですよね?と先生。
あちらの主治医に今回の筋腫の結果を話してみて下さい。ホルモンを抑制するリュープリンというお薬があって、子宮筋腫にも効くんですが、ちょっと聞いて見て下さい。で、様子を見てまたこちらには3ヶ月後に来て下さい。と。

家に帰り、改めてノルバデックスの冊子を取り出し読んでみる。
あった〜〜‼︎
a0325929_13150433.jpg

子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症、子宮内膜症、子宮体がん、子宮肉腫の発生が増加するとの報告があります。とのこと。

ノルバデックスは再発抑制のために飲んだほうがいい→だけど筋腫は大きくなる
…………どうすりゃいいのさ 笑

とりあえず次回がんセンター予約の3月28日を待つのと、子宮体癌の結果を待つしかない。

このジレンマに落ちてる人他にもいるかな??待ってる間、いろいろ調べてみようと思う。

a0325929_13150546.jpg

帰りに中華街でランチ。
食欲はなくならないから、元気な証拠ですな003.gif



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ポチッとお願いしますm(_ _)m


[PR]
by shokix | 2016-02-20 13:15 | 乳がん | Comments(0)

乳がん 術後の検診 腫瘍マーカーって?

2016年2月16日

先日運転免許の更新に行ったのだが、その時大きな看板に

献血 A型超大募集!

と書かれていた。
採血慣れしていたので、何も考えず帰りにやって帰ろうと思って立ち寄ると、薬を飲んでいる方はご相談下さいとあったので、
「ノルバデックス飲んでます!」と言うと受付の男性が調べてくれて、なんとNG(^◇^;)

あとから、人に聞いたところ、悪性腫瘍は献血できないと、、、、。
よく考えたらそうだよね、、、
相変わらず天然な私です 笑

さて、術後の検診について。
前回書いた私の検診のスケジュール。
術後どんな検診があるか、診察の間隔はどうか?などは、病院または医師によってまちまちのようだ。

調べてみたところ、米国臨床腫瘍学会や日本乳癌学会が出しているガイドラインがあるようだ。

○定期外来受診
術後3年までは、3~6ヶ月ごと、
術後4~5年は6~12ヶ月ごと、
5年以降は、年1回
○マンモグラフィー  年1回

それ以外の、腫瘍マーカーの採血や、CT・エコー・レントゲン・骨シンチなどを定期的に行うことはすすめられていない。

要するに、外来受診と年1回のマンモグラフィー以外は、何かの違和感、異常を本人(または診察にて医師)が気づかない限りは、必要ないということ。

気になる方は、日本乳癌学会のwebサイトなどに記載されているので、調べて見るといいと思う。

私の場合、上記のガイドラインの他に、
6ヶ月に一度の採血。
マンモグラフィーだけではなく、エコーがついている。

何故採血するかは、確か主治医はこう言っていた。
「薬の副作用がないか、再発がないかを調べます」と。
さらりとほんとにさらりと言ったので、
私自身もあまり気にしていなかった。
採血の結果を聞いたときも「問題ありません」のみ。

で、気になったので、
病院1Fのいろいろな資料が置いてあるコーナーへ言ってみた。(医師とのコミュニケーションって意外と難しいので、、、)
a0325929_13175503.jpeg
血液検査で何がわかるのか?を書いてある資料と腫瘍マーカーについての資料があった。

腫瘍マーカー

結構この言葉気になっていた。
血液調べてこのマーカーに注目していれば再発もわかるんじゃないか?と。

ちなみに乳癌の腫瘍マーカーには、
CA15-3
CEA
NCC-ST-439
というものがある。

私の血液検査の結果にもCA15-3とCEAという項目があった。それぞれ基準値があり、それを超えているかを見るのだろうか?

資料コーナーに置いてある冊子や、webで調べてみたところ、
どうも腫瘍マーカーは、補助的なもののようだ。この数値が基準値を超えているからといって再発したというわけでもなく、基準値内だからといって再発してないということでもないらしい。
、、、、じゃあ、いったい何⁉︎ 005.gif

しかも日本乳癌学会のサイトに書いてあったのだが、
腫瘍マーカーは早期の乳癌で上昇することは少なく乳がん検診としては役に立ちません。
とあった。

要するに、この数値を何ヶ月か見比べてその経過観察として医師が補助的に判断するものなのかな?と。患者が見てもわからないものなのだと。

気づいたことは、まだ乳がんになってないとして、早期発見のために、40歳以上の人はマンモグラフィー検診を受けたほうがいいんだけれども、たまーにネットのサイトなどで見かける腫瘍マーカーの検診は、なんの意味もないのかな?と思った。具体的にどんな検診かはわからないので、はっきりしたことは言えないが。

結論、、、
採血の結果の数値に一喜一憂するものではないこと。
それよりももっと重要なのは、自分の身体の変化を見過ごさないこと。

心について考えるとき、己れを知るって大事だけど、それは身体にも言えるのではないかと思った。

ただね、そうは言ってもがん患者にとって気になるのは再発。
ちょっとした数値の変化って、
すごーく気になってしまうものなのよね002.gif

a0325929_19113831.jpeg
写真は熱海(旅行に行ってきました)^_^



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ポチッと押していただけますかー

[PR]
by shokix | 2016-02-16 23:48 | 乳がん | Comments(3)

乳がん 更年期症状その後と各種診察

2016年2月1日
再発でもしない限りブログは書かないと思っていたのだが、思いもかけず書いて欲しいというお言葉をいただき、また地味に続けることにした。

コメントして下さったがん美さん、ありがとうございます。

現在は、治療らしい治療は行っておらず、3ヶ月に一度の定期診察と漢方薬の処方で1ヶ月半くらいに一度、東洋医学科を受診している。

ノルバデックスを飲み始めて10ヶ月が過ぎた。副作用の更年期障害的な症状は、漢方薬とデパスという薬のおかげか、それほどひどくない。以前デパスは睡眠導入剤と思い込みそう記載したが、どうも精神安定剤のようだ。
漢方薬も途中の夏場は、夏バテなどに対応する薬に一部変わったが、どうも私としては初めにもらった薬のほうが良い気がして、東洋医学科の先生に相談したところ、

では「加味帰脾湯」に戻しましょう。
漢方薬は自分が合っていると思うかどうかも大事ですから。と言って下さった。

加味帰脾湯は、やはり精神安定剤の役目もあり、私の身体の不調は精神安定が鍵になっているのかとつくづく思う。

ホットフラッシュや、関節痛はいまではほとんどない。睡眠障害はまだあるけれど、寝れないわけではないので、まあだいたい大丈夫になり、ほぼ普通の暮らしに戻った。

現在飲んでいる薬は、
ノルバデックス1錠
加味帰脾湯(かみきひとう) 毎食前1包
通導散(つうどうさん) 毎食前1包
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)毎食前1包
デパス 就寝前1錠



次に診察や検査について
◯乳腺科(手術執刀医)の定期診察
3ヶ月に一度ある。必ず触診して異常がないかを見てくれる。もちろんその他現状を聞いてくれる。
◯血液検査
6ヶ月に一度。
◯マンモグラフィーと超音波検査
1年に一度。
◯東洋医学科
1ヶ月半くらいおき。
これは更年期障害的な症状があるため通っている。薬の処方の都合かスパンが短い。
◯放射線科
放射線治療時は一週間おきに診察があって、その後3ヶ月おき。放射線治療から一年間はあるようだ。
→年明けに一度診ましょうと言われたのだが、まだ入らない。忘れてるのか?笑

ノルバデックス副作用でもある子宮体がんの検査は、自分で他の婦人科へかかる。
(主治医に一年に一度は検査して下さいと言われた)特に婦人科を紹介してくれるわけではないし、がんセンター内にある婦人科は受けさせてもらえない。

各科通うため、病院へはだいたい2ヶ月に一度はなにかしら行くのだが、病院に行くのが嫌、めんどくさいとはならず、
特に治療らしい治療はなくても、病院に行くことでなんとなく安心感がある。
ちゃんと診てもらってるから大丈夫という安心感だろうか?
私はがんセンターへ行っているので、たくさんの他の患者を見ることでたくさんの人が頑張ってる大丈夫という安心感なんだろうか?

いつの間にかここへ来るのが好きな自分がいる。不思議なものだ。
いつも2時間待ちとかするのにね(⌒-⌒; )

長くなったので、次回、検査って何を調べてるのか?について書きたいと思う。

今日も東洋医学科は混んでいる、、、すでに1時間待ち、、、
037.gif
a0325929_11514685.jpg

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ランキングに登録しました。よければポチッとお願いしますm(_ _)m
[PR]
by shokix | 2016-02-01 11:50 | 乳がん | Comments(1)

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30