<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

乳がん 病理の結果

11月28日再診

市大からの病理の結果がようやく到着し、
今後についての話となる。

現在の状態(右房)
TNM分類 ステージ分類
T2.N0. M0 ステージ2

ホルモン受容の有無
ER ➕
PgR ➕

HER2タンパク ➖

Ki67 20%


TNM分類は、前回お話した
T=原発巣(しこりの大きさなど)
N=リンパへの転移
M=他臓器への転移 でありこれらの結果でステージ2aとなる。

つぎにホルモン受容については、
女性ホルモンによりがんが増殖しているかをみる。
これは、➕だったので、ホルモン受容体であることがわかる。

HER2タンパクは、このタンパクがたくさんあるとがんがどんどん増えていく。
だが、これは➖だったのであまり無いことかわかる。

Ki67は細胞の増殖能力を表すマーカーとのことで、この値が高いと、予後が悪く再発の可能性が高くなる。
アメリカではこれが14%以上だと抗がん剤をやったほうが良いと判断される。日本では、20%以上が判断基準。ただこれも施設や病理医によって判定がまちまちらしい。

先生からは私の場合は、20%なのでギリギリの境目だと言われた。

これらの状況をふまえて、
病理の結果を見るまでは、術前化学療法をやるかどうするか?という感じだったが、
先生のスケジュールの都合と私のki67の値から、先に手術をやりましょう。ということになる。

前回宿題だった、全摘か温存か。
私の場合、がんのある位置が右乳房の左側上部分であるため、温存でもかたちは割と綺麗に残る可能性は高いとのこと。

先生いわく、おっぱいの形は、おっぱいの下側部分があるかどうかでだいぶ違うらしい。
どうしても乳房を残したい、温存で。と希望しても、がんがある位置が下側の場合、温存手術にしたものの、おっぱいの形は崩れてしまうこともある。そういう場合は再建手術などもある。

再建手術を希望の場合は、摘出と同時にやるのか?後からやるのか?の二択がある。
同時にやる場合は、手術の日程調整がまた異なるのでどうするか決める必要がある。

医療技術の進歩で、私たち患者は選べる医療になっているんだと実感005.gif
選択肢が多岐に渡り、逆にどうしていいかわからなくなるのも実感。

私はもともと自分だけのことであれば決断に迷わないタイプなので、シンプルに答えは決まっていた。

先生、温存手術で再建は無しでお願いします。

乳首部分まで無くなる全摘はその後の自分を考えるとやはり怖かった。
でも再建するまでは思わなかった。

いろんなことに迷うタイプの人は、
本当に迷ってしまうと思う。
だけれども、最終的には自分で治療方針は決めなければならない。
決めるのは自分だ。

では、おそらく再来週の月曜日か火曜日に入院していただき、水曜日か木曜日には手術となります。
入院手術のスケジュールについてはお電話で確認して下さい。

来週は左側のマンモトーム生検ですね。
左側もがんということになれば、
同時に摘出となります。

そうだ!まだ左側があったよ!008.gif

さあ、左側はどうなりますか⁉️

とりあえずは、
10月にがん発見から1ヶ月以上経過してようやく一歩前進した気がする。


つづく

a0325929_16123467.jpg
写真は湘南



[PR]
by shokix | 2015-03-18 16:14 | 乳がん | Comments(0)

乳がん ステージ数

11月14日
がんセンター初診日。
紹介状を持ち、受付で手続きを済ませる。
市大からは、マンモグラフィーとエコーのデータをもらってある。レントゲン写真みたいなのじゃなく、今はCDなのね005.gif

予約はすでに入れてあったので、30分ほど待って、担当の先生に受診。
これまでの経緯は紹介状でわかっており、
今後のことを決めるには、まずは市大で病理にまわっている、生検の結果と、
これからやるCTとMRIを見ないとなんとも言えない。ということで、初診の今日はとりあえず先生とは挨拶程度という感じだった。

で、なんと!!またマンモグラフィーとエコーをやるという。
3回目!その病院によって機材が違うため、やはり逃れられないよう。金儲け?ともよぎったけれど、やはりここは万全を期すため断らずに検査。そして採血して終了。

はじめにしこりを検査してから約一カ月近く経つが、がんである。とわかった以外はまだ何もわからないまま、日々は過ぎて行く。

続いて日を改めて、CT検査。
CTは、造影剤を入れ人体の横断像を撮影する。
胸部、腹部、骨盤の検査。
転移がないか調べるらしい。

1日あけないとMRI検査はできないらしく、2日後にMRI検査。これも造影剤を入れて、今度は人体の断層像の撮影。
これは、問題のしこりのある胸の検査。

どちらも造影剤は点滴?のような感じで手首ね少し上あたりに針を刺し、検査直前に投入していたようだ。
造影剤は、ショック反応を起こす人もいるとのことで、しつっこくアレルギーはないか?糖尿病ではないかを聞かれた。

がんであると判明してから、一カ月という目安でもあるのか、この検査結果は超最速。
初診日から一週間後の11月21日には検査結果を踏まえての再診となる。

11月21日
いよいよいろいろなことがわかる、運命の日。
気合いを入れて先生のところへ行くとハプニングが。

なんと、市大からまだ病理の検査結果が届いていないという。
肝心のがん細胞の結果がわからないと、今後の治療方針は全く決まらないわけで、、、。
結局のところ、今後の治療についてはまた次回ということになる。

現段階でわかっていることを説明してもらう。
まず、CT、MRIで判明したこと。
他臓器に転移なし。
リンパ節転移なし。

ただ、、、、
しこりがあったのは、右胸だったのだが、
なんと左胸にも2mm程度の影を発見。
まだがんかどうかはわからないので、
左胸の細胞を取って検査することに。

次にステージ。
右胸についてだが、
現段階では、ステージⅡa

ステージの判定は、
1.がんの大きさ
2.リンパへの転移有無
3.他臓器への転移有無

から判定されるそうで、今のところは、
1.4.5cm
2.無し
3.無し

ということで、ステージⅡa。

市大からくる生検のデータによってかわるが、
先に手術をするか、術前に抗がん剤治療をやり、それからやるかどちらかになる。

術前の抗がん剤は、今ある4.5cmのがんが小さくなることも考えられるので、
乳房温存手術をした場合、乳房の形の変形も少しはマシになるかもしれない。

現段階で考えて欲しいのは、
全摘にするか、温存手術にするか。
全摘は、おっぱい自体全てを取るので、
右胸そのものへの再発はなくなる。
温存の場合は、がん細胞の取り残しも考えられるので再発の可能性はある。

どちらにしても、5年生存率は変わらない。とのこと。
現段階の5年生存率は、だいたい90%
温存手術をして放射線治療をすれば、
5%ほど生存率があがる。とのこと。

まあ、こんな話を一気に言われたので、不確かな部分もあるが、
とりあえずは、ほっとしていいんだ。
と頭の中でぼんやり考える。

先生がおっしゃっていたことで、一番気になったのは、
「私たちが気にするのは、原発(はじめにできたもの)よりも、全身に広がったがんの方。」

そう。乳がんのがん細胞は、小さいうちからリンパなどにのって、目に見えないがんとして全身に広がっていると考える。
乳がんとわかった時点ですでに目に見えないがんは全身にある。
それをどう対処していくかの治療になり、原発の手術はその一部分だ。

長い付き合いの病気になりそうだ。

とりあえず今やることは、
市大からのデータがどうなっているか確認すること。
手術は、全摘にするのか温存にするのか決めること。
左胸の生検を行うこと。

次回の予約を取り、診察は終了した。

新たにわかったことやら、ひとまず転移はなく安心できたことなどあまりにいろんなことがわかりただひたすら呆然とする。

それにしても、左にも出来てるとは!!!
まあ、今わかって不幸中の幸いってことかな?
003.gif

そうそう。
それよりも私の生検データどこいった〜〜?
021.gif021.gif


つづく
a0325929_15402367.jpg
写真は、夏に旅行したときに撮影した諏訪湖。

[PR]
by shokix | 2015-03-05 17:57 | Comments(0)

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。


by 由里乃