乳がん 軽くて良かったね

2017.7.18
暑いですね。
ホトフラがある方にはキツい季節になりました。


ご多分に漏れず、やはり気温が上がるとホトフラのせいの中途覚醒がひどくなっている。
ただ、慣れとはすごいもので起きても数時間寝てる間の爆睡度が高いようで、あ〜寝不足で辛いとはならないようだ。
6月半ばから引いていた風邪がかなり悪化してようやく今治りつつある。風邪の治りが悪いのは歳のせいだろうか?

さて。
小林麻央さんがお亡くなりになって以降、私が乳がんだということを覚えている方から2.3人に言われた言葉がある。

「軽くて良かったね」と。


もちろんこれが事実だ。私はがんになっても死なないでいる。本当に軽くて良かったね、なのだ。
ただ、どうしてもどうしても複雑な気持ちが芽生えてしまう。

手術して放射線治療してホルモン治療もしているが、がんが無くなったかどうかは不明だし、いつ小林麻央さんのようになるかわからないからだ。
そんなのはがんに罹っていない人でもいつなるかはわからないのだしそれと一緒。頭ではそう考える。
だけれども、術後の後遺症かはたまた放射線治療の後遺症か、抗ホルモン剤の副作用かわからないが、毎日目に見えない辛さと折り合いをつけながら暮らしていると、到底「軽くて良かったね」とは思えないのだ。

抗がん剤をやってない 軽くて良かったね
転移してない 軽くて良かったね

本当にその通り。
なのにグズグズと複雑な気持ちを抱えている自分も嫌になる。

以前出会ったブログを読み返してみる。
ウズナユマスさんのブログ「乳がんを乗り越えてって言わないで欲しいのです」


これを初めて読んだ時、翻訳も含めて、なんて的確に表現したブログだろうと感動した。
乳がんになって慌しい治療が終わったあたりから感じたモヤモヤとした気持ちを本当に的確に表した文章だった。

なった人にしかわからない気持ち。
目に見えない辛さや苦しさと常に向き合って暮らさなければならない気持ち。
「もう元気そうだし、いつまでも引きずっているより乗り越えて前に進んだ方がいいよ。」そう言いたくなる気持ちもわかったり。

経験してみないとわからないよ。
ついそう思ってしまうが、それは口には出したくない。

普通に健康に生きていても苦しいことや辛いことなんていくらでもあるからだ。

とごちゃごちゃな気持ちを抱えて、このウズマさんのブログを読み、自分だけじゃないんだなと思い救われた気がしていた。


2017年8月
あれからしばらくして、ごちゃごちゃの気持ちにどこか疑問を感じるようになった。
どうして私は軽くて良かったねと思えないんだろう。

もちろん他人からは乗り越えて!なんて言ってほしくない。
軽くていいね!なんて言ってほしくない。

だけれども、なんとなくそれを認め始めている自分に気づき始めた。

どこかで乗り越えなくてはと思っている自分がいる。
それに気づいてから、
「軽くて良かったね」が受け入れられるようになっている。

副作用は相変わらずあるけれど、いろんなことを受け入れはじめている自分がいる。
小さい事でくよくよしていたが、強がりで「なったもんは仕方ないし!」っていっていた嘘。
それが、だんだん、だんだん、本当にそう思えるようになってきた。

9月には3年目のマンモグラフィーとエコー検査だ。
もうちょっとだけ乗り越えている自分がいる。
1年ごとにもっともっと乗り越えられるに違いない。

今は、「軽くて良かったね」と言ってくれた人に感謝だ。
目を覚ますきっかけになったから。

ありがとう。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


それにしてもブログ書くのにやっぱり1ヵ月近くかかってしまう(;´∀`)
a0325929_13084627.jpg

ふう(笑)
[PR]
Commented by rose at 2017-08-05 19:59 x
私は自分では早く見つかってラッキーだった、と思ってたの。でも人にそう言われるのは嫌だった。
ラッキーだったけどガンになったことは全然ラッキーではないのだから。
徐々にいろんなことを受け入れられるようになると思うわ。
5年過ぎると少し気が楽になるかもね。
そして10年経てば楽になれるかなと思ってる。

でも最近、ルミナールAの人は10年以降も再発率は高いということを知り、ちょっとがっかり。
なるようにしかならないのだけれどね。
Commented by shokix at 2017-08-05 20:55
> roseさん
コメントありがとうございます。
年々気持ちが軽くなればいいなぁと。
だんだんそうなるんですね(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
ありがとうございます。

ルミナールAってホルモン陽性でしたっけ?
そうそう、ホルモン陽性乳がんは、年々再発率は上がっていくのですよね~(´-ι_-`)
がっかりですよね、、、。がんの増殖スピードが遅い分、後から出てくるってことですよね((;_;))
Commented by みーこ at 2017-08-07 00:36 x
私も温存手術と放射線治療とホルモン剤服用のパターンです。抗がん剤はしていません。
3月手術をし術後すぐにホルモン剤服用を始め、4月・5月一杯は放射線治療をしました。しかしいつまで経っても手術した方のお胸が痛くて、放射線治療中は毎日看護師さんとの問診で胸の痛みを訴えてきたのですが、その看護師さんが「たまたま5年前にご自身が乳癌になり温存手術をされ、抗がん剤・放射線治療・ホルモンの治療経験者」だったため、私の痛みは「温存手術経験者の術後の痛みあるある」で片付けられていたんですね。ところが6月も7月も痛い。胸は半分以上切除したのに、その切った胸の方が切ってない胸より大きくなってカッチカチになってて、熱さえ持っている。こんなに痛いそして固いものなの?と思って病院に電話すると、先述の看護師さんがまたもや「温存手術あるある」だと言って電話で話し合い終了。「こんなに痛いのなら、こんなに固くて野球ボールみたいな胸なら温存手術なんてしなければ良かった」と後悔していたら、先月(最後の電話から6日後)下旬に突然乳首から大量出血したんです!もう水鉄砲みたいにピューピューと勢い良く!慌てて病院に再び電話すると、すぐに来院するようにと言われ、そこでやっとドクターと会えエコー検査をしたら「胸に軽く100cc以上は血が溜まっています。この場で麻酔をせずに胸に針を刺して血を抜きましょう」となりました。ところが胸の中の血が瘢痕組織と絡まっているのか、大きな血腫だからか全く吸い出せない(5cc程しか吸い出せなかった)ので、「これは血腫除去の手術をする必要があります」と言われたんですよ~。術後約5ヶ月経ってからの血腫除去手術が稀なことらしく、私の訴えをドクターに届けず、結果的に病院は血腫を見逃して、せっかく綺麗に引っ付いてきた傷跡の上を再手術でまた切ることになる…という、本当に嘘みたいなことが起きたんです
Commented by みーこ at 2017-08-07 00:47 x
8月に入ってすぐに血腫除去の手術をして、今は胸にドレーンを入れて入院しています。年末の検査で癌があり組織針検査をして1月に告知され、以降ずっと術前検査→手術ホルモン剤服用開始→放射線治療としてきて、やっとこれからは体力回復のために色々したいと思っていただけに、出鼻を挫かれた思いでいっぱいです。
ホルモン剤の副作用なのか、私はホトフラが激しくて家族の中で一番クーラーの設定温度を低くしてしまいます。それ以外は目眩と立ち眩みが酷くて、そのせいか食欲が低下し1日1食もまさに苦行です。
Commented by みーこ at 2017-08-07 01:01 x
私にはホルモン剤はノルバデックスの一択しかなく、更年期症状も出ていて、イライラ・落ち込み・ホトフラによる多汗症・中途覚醒・倦怠感・肩凝り、真剣に数えればまだまだあります(笑)

でも、ファイザー製薬の新薬(ホルモン剤治療)が今年の9月に承認されるらしいと聞いて、色んなところにアンテナを張り巡らしていこうと思いました。今、同じ病棟の方達とお友達になり、患者同士、毎日色んなことを話しています。ファイザー製薬のこともそこで聞いたことです。

癌を乗り越えるのは私もできないと感じています。酷い風邪をひいても「しんどい~!」と無邪気に言えたあの日々、どこか痛くても自然に治るまで何もしないで平気だったあの日々には、もう戻れない。そして、私はそのことに傷付いているんだと、こちらのブログに出会い心のモヤモヤがストンと収まるべきところに収まった感じです。ブログを書いて下さって、本当にありがとうございます。

毎日暑い日々ですが、ブログ主さんのホトフラが少しでも楽になりますように!
Commented by みーこ at 2017-08-07 01:07 x
たくさん書いてしまってすみません。
ブログ主さんは毎日食事を何回(又はとれくらいの量)をとられていますか?
私は今は1日1食でも正直食べることがキツいです。
Commented by shokix at 2017-08-07 09:28
>みーこさん
コメントありがとうございます。以前もコメントしていただいたみーこさんでしょうか?

胸が痛くなり出血し、血腫除去手術!!!
そんなこともあるのですね。私も放射線治療後はずっと胸は腫れたままなので読んでいてドキドキしてしまいました。
術後、放射線科医とも主治医とも診察がなかったことにも驚いています。看護師との面談だけ??

今は入院されているのですね。本当に大変でしたね(T ^ T)無事に良くなりますようにお祈りいたします。

ホルモンの副作用も大変そうですね。私もはじめの2年はあれこれ大変でしたが、今はずいぶん落ち着いています。

あとお食事がとれないのは心配ですね。
副作用も含めて主治医とよく相談して下さいね。日常に負担がかかりすぎて、ホルモン療法をやめる選択をする方もいます。
目眩と立ちくらみで食事もとれないのでは、体力も回復しないでしょうし、何よりとても辛いと思います。

本当に我慢せず、たくさん主治医に訴えてみて下さいね。

あまりの大変さになんと言葉を発していいのか迷いますが、
ただただ、みーこさんが回復し元気になれるようお祈りいたします。

お大事になさって下さいね。
Commented by shokix at 2017-08-07 09:32
>みーこさん

あ、あと私は現在は(もうすぐ3年)ほとんど普通の状態で元気です。眠れないこととホトフラなどの軽い副作用くらいです。
なので食事もしっかりとっています(逆に痩せなくては(;´∀`))
Commented by みーこ at 2017-08-08 22:05 x
こんばんは~。お返事をありがとうございます。
そうです、以前コメントを書いたみーこです。
今日退院してきました~。でも今は熱が出ています。
以前、「この病気になってから二年くらい体調が優れなかった」と書いて下さったことが、今、とても納得というか、実感というか、とてもとてもしっくりきています。
気がつけばもう乳癌を告知されてから8ヶ月経ちました。体調は「手術する前の方がずっと良い」です(笑)
これは誰も知らない「乳癌経験者ならではの感覚」かもしれません。
皮膚が引きつるおっぱいや、脇が引きつり腕が上がりにくいことや、常に体が浮腫んでいること、薬を服用することに追われることなど、日常生活での不自由は勿論、癌になってから診てもらわないといけなくなった科が細分化されてとても増えたことなど、自分の自由がどんどん奪われていく切なさにも折り合いをつけれずにいます。
ブログ主さんがサバイバー歴三年目を迎えられることも私をとても勇気づけてくれますが、何より「この切なさや哀愁と共に歩まれた事実」がものすごくパワーをくれます。「ここにできた人がいる。私にもできるかもしれない。」という気持ちを持てるきっかけをくれるんです。
私がこれまで「生きていくこと」を選び、「治療をすること」に伴う苦しさに折り合いを付けられたのは、ブログ主さんのお陰でもあるんです。本当に感謝しています。ありがとうございます。
ブログ主さんが「もうあまりブログに書くことが無い」と思われたら、そのままのお気持ちをご自身のペースでこれからもブログに書いて下さると、私のように後から歩む者はすごく救われると感じています。
9月の検査がバッチリであることを心から祈っています!
Commented by shokix at 2017-08-11 23:43
>みーこさん

私の拙いブログをそんなふうに読んで下さってとてもとても嬉しく思います。ありがとうございます。

って、返事が遅くてすみません(ーー;)

告知されて手術してそれから先も本当に細かいけどいろんな身体と精神の状態が起こって、めくるめく体験です。

私も手術前が人生で一番元気でした。
なのに、なのに!という気持ちはなかなかなくなりません。

みーこさん退院後の熱は下がりましたか?
もう本当に無理はしないこと!が一番大事な気がします。今はとにかくひたすら自分を甘やかして下さいね。がんになる人って頑張り屋さんだと思うんです。だから、せめてしばらくは頑張らないことを目標にしましょ٩(๑^o^๑)۶
頑張らないことを頑張って下さいね(笑)

どうぞお大事にして下さい。
また、気が向いたらいつでもコメント下さいね(返事が遅くて申し訳ないですが(;´∀`))

こちらこそ、たくさん励まされました。
ありがとうございます\(^o^)/
Commented by みーこ at 2017-08-12 23:00 x
お返事ありがとうございます!
熱はあれから上がっていって「おかしいな?」と思い病院に行ったら、術後感染症を起こしてました。
局所麻酔をして手術で切った所をまた1cmちょい切って、そこから中に溜まってる汚れた物を絞り出して、またドレーンを入れて。今は毎日ドレーンを通して中の物を出して、病院では生食で中を洗って、抗生剤の点滴をしてという内容で土日祝日関係者なく通院しています。
何となくなんですが、私は治らないのかな…と思います。ています。漠然としたカンに過ぎないのですが、不安というより予感のような感覚です。そういう気持ちってみんな経験するのかしら…。
もし通院で良くならないなら、もう一度手術だそうです。
なぜこんなことになるんだろうとグルグル考えています。
Commented by shokix at 2017-08-16 18:28
みーこさん、
術後いろいろなことが起こって、本当に不安になりますよね。私なんて術後特になにもなくても不安になりましたもの。そう考えるとみーこさんの不安はいかばかりかと思います。

先の見えない病気になり、完治がどこにあるのかわからない。もう治らないと思うのも思ってしまうのは仕方ないと思うんです。

でも、それでも、時間をかけたら少しずつ良くなるって信じましょ。
焦らず、慌てず、諦めずですよ~\(^o^)/
Commented at 2017-09-17 22:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shokix at 2017-09-18 07:50
鍵付きさん、コメントありがとうございます。
がんって、、、ほんとに心が病む病気なの?ってくらいがくんときますよね。
あまりにも落ち込みが激しい時はタモキシフェンの影響もあるかもなのでお医者様に相談して下さいね。

年々少しずつ受け入れられるようになると思いますよ。私もまだ軽くて良かった~と笑っていえるまでにはなってないけれどそれに近づいてるのを感じています。

先日セミナー参加したのですが、お医者さんも患者さんもステージ関係なく、口々に言っていたのは、気にして人生を送るより今を楽しもう!って言ってました。
年数経つとその意味がちょっとわかってくると思います。

油断せず、焦らず、治療を頑張りましょうね٩(๑^o^๑)۶
Commented by 黒猫 at 2017-09-18 17:14 x
お返事有難うございます。あ、私鍵付きにしてたんですね。失礼しました。

昨晩たまたまこのブログを発見して私の場合は術後半年未満なんですが、正に主様が記載されてたことが今の私にどんぴしゃな内容でしたのでコメントさせて頂きました。私も早く軽くてよかったね等の他人のコメントを聞き流せるようになりたいです。あと、他の人と自分を比較して何故自分だけて思いもなくしたいです。

この病気になってからのほうが、自暴自棄になって食に気を使わなくなったり、エクササイズもしなくなりました。全くやる気がおきないんですよね。やっぱりタモキシフェンの影響かもですね。

不安になると色々な方のブログをみてしまい内容によっては落ち込むことが多かったのですがこちらのブログを拝見して何故か少し気持ちが軽くなりました。これからもお時間の許す限りアップ下さい。
Commented by shokix at 2017-09-20 13:48
黒猫さん、コメントありがとうございます。あとブログに共感して下さって嬉しいです。
同じような気持ちのかたがいるんだなぁと私も力になります。

黒猫さんはまだ術後半年未満とのこと。
私の半年未満のころは、もっともっと動揺してましたよ。ちょっとどこか具合が悪くなると再発の二文字が頭に浮かび、心配で心配で大したことなくても主治医に言ったりクリニックに行ったりしていました。結局なんにもないですよ?と言われたこと多々。

不安なのは当たり前だと思います。

やる気も3年目の私でもまだまだ前のようにはいきません。ただ、はじめのころよりはこの生活に慣れてきて、いろいろ出来ていなくても焦らないようになりました。

気持ちも徐々に回復すると思いますから、ゆっくり焦らずいきましょう٩(๑>◡<๑)۶

遅筆ですが、また書きますのでまた遊びに来てくださいね。
by shokix | 2017-08-05 13:05 | 乳がん | Comments(16)

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。


by 由里乃