乳がん 「ああ、エストロゲン」



2016年5月9日

本日は東洋医学科受診のためがんセンターへ。

ここのところ気温が高くなって、木々も緑がまぶしい季節になってきた。
さわやかで一番いい季節のはずが、
この暑さで、ホットフラッシュがまた復活。
漢方薬を飲み忘れたりすると、頭がぼーっとなりのぼせがひどい。
汗は出はじめるとタオルなしではすごせなくなってきた。

テレビではちょうど更年期障害についてやっていた。
「更年期障害は治せますよ‼︎」
え?そうなの?
「ホルモン補充すればいいのです」
「エストロゲンを増やせばいいのです」
‥‥‥‥‥‥‥

ホルモン感受性が高い乳がんの私は一番やってはいけないことじゃないか!(◎_◎;)なんのためにエストロゲンを抑える薬飲んでるんだか、、、。

しかも、子宮筋腫もエストロゲンが関係しているらしい。子宮筋腫の原因は解明されてないようだが、
産婦人科のブログなどあちこち見てもエストロゲンによって増大すると考えられているようだ。

乳がんもエストロゲン
子宮筋腫もエストロゲン

エストロゲンっていったい何⁉︎
と思い、これはじっくり調べてみようと図書館まで行き、医学誌などを読み漁る。

が、、、読んだら余計に頭が混乱してきた。
エストロゲンは、女性ホルモン。
卵巣から分泌される卵胞ホルモン。
女性ホルモンには他にプロゲステロンという黄体ホルモンがある。

卵胞ホルモンは、何をしてるかというと子宮の発育、乳腺の発達、骨格の女性化、卵胞の発達促進、卵管の運動を促すなどなど、ざっくり言うと、女性らしい身体を作っているのはこのエストロゲン。卵子を包んでいる卵胞、これの成長をサポートしているので、生命を誕生させるにはとても重要なものだと言える。

で?

…………

女性の身体にとって必要なホルモン。それがなぜ乳がんや子宮筋腫(それだけじゃないが)に影響を与えるのか?

で、基本に立ち返って、乳がんの原因について調べてみる。(ホルモン受容体陽性の場合ね)

国立がん研究センターがん情報サービスより
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

乳がんの発生要因

乳がんの発生には女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっていることが知られています。すなわち、体内のエストロゲン濃度が高いこと、また、経口避妊薬の使用や、閉経後の女性ホルモン補充療法など、体外からの女性ホルモン追加により、リスクが高くなる可能性があるとされています。また、体内のエストロゲン濃度が維持されている期間が長いほど、ホルモン受容体陽性の乳がんの発症リスクがあがるといわれています。初潮が早いことや閉経が遅いことは体がエストロゲンに暴露される期間が長いことを意味します。妊娠中は体内のエストロゲン濃度は押さえられていますので、出産経験のない女性は出産経験のある女性よりもエストロゲンに暴露される期間が長くなります。さらに、脂肪細胞でもエストロゲンがつくられるため、成人してからの肥満もリスク要因とされています。特に、閉経後の肥満はリスク要因であることがわかっています。そのため、出生時の体重、初潮年齢、妊娠や出産経験の有無、初産の年齢、授乳歴などが乳がんの発生に影響すると考えられています。
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
長いっ´д` ;

要するに初潮が早かったり出産してなかったり肥満だったりすると、エストロゲン濃度が高く、期間も長いとリスクが高いというわけだ。

じゃあ、子宮筋腫は?
子宮筋腫の発生原因は解明されておらず、ホルモンレセプター(ホルモン受容体)を持ち、30歳から40歳の性成熟期に好発し、閉経期には退縮する。エストロゲン依存性。
図書館で調べた。

子宮筋腫は良性の腫瘍
乳がんは悪性腫瘍

筋腫はなんで悪性にはならないんだろうか?素朴な疑問、、、
なんか似てるのにね、、、


という具合に頭が混乱してくる。

じゃあ、エストロゲンの濃度を高すぎないようにしてくれるものはないのだろうか?

長くなったので次回へ。

本日の東洋医学科は、
私が薬を飲み忘れるため、1日2回で済む同じ薬のメーカー違いを処方と、暑さホットフラッシュ対策に新しい薬を処方(白虎加人参湯)

薬の効き目を確認するため、次回予約は3週間後となった。

こちらのほうが不味い気がする、、、´д` ;良薬口に苦し、、、
a0325929_18062163.jpeg


にほんブログ村ぽちっとお願いします
[PR]
Commented at 2016-05-14 09:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shokix at 2016-05-15 12:34
さくらさん、コメントありがとうございます。卵巣の様子心配ですね。やっぱりホルモンに影響のある薬、いろいろ副作用らしい症状が出て、いったいどうしたらいいものやら、、となんだか不安感が増してしまいますよね。偽閉経療法はスルーですか、、私もリュープリンの話は相手にしてもらえず 笑
二言目には生存率は変わらないという話になります。生存率はわかったから、身体の不調をどうにかして!と言いたくなりますよね〜。
さくらさんは婦人科の先生はいろいろ調べて下さっているのですね。私も不調がひどくなるようなら、またいろいろ先生に言って見ようかな(^ ^)

なんだか、とりとめなくなってしまいましたが、さくらさんのコメントいろいろ参考になりました。こちらこそありがとうございます。
さくらさんも体調気をつけて、どうぞご自愛下さいね。
初めてコメントさせて頂きますー。
「エストロゲン」という単語、最近よく耳にしますが私も実際よく分かっておらず…
色々と気になることがあり、エストロゲンに関して調べておりました。
エストロゲンとはつまり女性ホルモンの中の成分…なのですかね?
(調べ足りずまだまだ良く分かっておりません…笑)
エストロゲン濃度が高いと乳癌の発生要因となってしまうのですね…。。

写真に写ってるものは漢方ですかね…?
もしかして漢方がエストロゲン濃度を下げてくれるんでしょうか?
何はともあれ、また少しエストロゲンについての知識が増えました~。
良い記事をありがとうございました。
Commented by shokix at 2017-03-01 14:12
コメントありがとうございます。私もエストロゲンって何!?というところからはじまりいろいろ調べてみましたが、イマイチよくわからず(^^;

私の拙いブログで何か感じていただけたのなら幸いです。

漢方薬は更年期障害&乳がんのために飲んでいます。ので、エストロゲンには関わりはないかと思います。
by shokix | 2016-05-10 18:39 | 乳がん | Comments(4)

2014年11月 乳がんと告知されました。治療など日々のことを綴ります。


by 由里乃